NEW

JRA皐月賞 厳しい取材規制でも本音が聞ける馬主関係者、彼らが知る3強レースの真実とは!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA皐月賞 厳しい取材規制でも本音が聞ける馬主関係者、彼らが知る3強レースの真実とは!の画像1
皐月賞でビッグチャンス到来!

 雨の中行われた先週の桜花賞は、新種牡馬エピファネイア産駒のデアリングタクトが優勝。同馬は2018年のセレクトセールにて、1296万円というお手頃価格で落札された馬。当時取引された数億円の馬を差し置いて桜花賞を勝利したのだから、関係者は笑いが止まらないだろう。安い馬でもG1レースを勝てるというのは、競馬の醍醐味の一つ。馬主とすれば、高額な馬でG1レースを勝つのは当たり前という風潮もあり、逆に安い馬の素質を見抜いてビッグレースを勝てば鼻も高いもの。

 G1レースは、高額な賞金と競馬史に名を残せる栄誉が得られる舞台で、すべての馬主にとって大きな目標。中でも皐月賞や日本ダービーは牝馬限定の桜花賞と異なり、勝てば引退後に種牡馬となって馬主に大きな見返りが生まれる可能性があるレース。ゆえに、より力が入る一戦である。そんな馬主の名誉がかかった重要なレースが、いよいよ今週日曜日に行われる。それが第80回皐月賞(G1)だ。

 優勝賞金1億1000万円も高額だが、皐月賞を勝って種牡馬になった馬は非常に多いこともあり、関係者の意気込みは段違い。もちろん、ディープインパクトやオルフェーヴルのような三冠馬にもなれば、その価値は何倍にも跳ね上がる。そんな皐月賞に挑む馬の中で、特別な注目を集めているのが三強と言われる存在だ。

 まずコントレイルは、3戦3勝というパーフェクトな成績で、昨年のJRA最優秀2歳牡馬に選ばれた馬。ホープフルステークス(G1)を完勝しており、3歳ディープインパクト産駒でもトップクラスの評価を集めている。12月以来の競馬だが、三冠を目指すと陣営がコメントしていたこともあり、鞍上の福永祐一騎手にかかるプレッシャーは相当なものだろう。

 サリオスは昨年の朝日杯フューチュリティステークス(G1)を快勝しており、3戦3勝の実績は素晴らしい。鞍上のダミアン・レーン騎手は、この馬に乗るために2週間の隔離を承知で来日したほど。今回は12月以来のレースがどう出るかだが、当然注目の一頭だ。

 サトノフラッグは前哨戦の弥生賞を快勝。2017年のセレクトセールで1億7820万円で取引された馬であり、注目のディープインパクト産駒。鞍上は名手クリストフ・ルメールであり、人気の一角となることは間違いあるまい。

 前評判でもこの3頭が抜けているが、虎視眈々と逆転を狙う馬もいる。例えば武豊騎手騎乗のマイラプソディも注目の一頭。前走の共同通信杯はまさかの4着に敗退しているが、それまでの3戦3勝の内容は圧巻。さらに桜花賞をデアリングタクトで制した松山騎手が騎乗するコルテジアも、きさらぎ賞(G3)勝利の勢いと鞍上の勢いから侮れない存在。他にも多種多様な伏兵馬がおり、出走馬18頭とそのオーナーである馬主が、この皐月賞を狙っている。

 また、馬主は自らの出走馬だけでなく他の馬の情報も把握している。中にはその情報をもとに多額の馬券を投資し、時には数百万円や数千万円といった払い戻しを得ることもあるという。そんな馬主の情報を知ることができれば、一般人でも競馬で勝つチャンスはグッと上がることは間違いない。しかしそれは何よりも難しいものだろう。馬主の情報はマスコミも含めて公にならないし、一般人が直接入手する手段がないからだ。

JRA皐月賞 厳しい取材規制でも本音が聞ける馬主関係者、彼らが知る3強レースの真実とは!の画像2
昨年の皐月賞で伝説が!

 しかしこの業界で唯一、ありとあらゆる「馬主関係者の情報」を把握できる存在がある。それが、馬主関係者情報の「トップシークレット」だ。馬主関係者と特別なコネクションを持つトップシークレットは、その情報をもとに馬連1点提供を方針に掲げる最強の競馬情報会社と言ってもいい。馬券で最も難解なのは1点勝負だ。しかしトップシークレットはその1点提供を数多く成功させ、その実績は伝説級。そのもっともわかりやすい例が昨年の皐月賞だ。昨年の皐月賞でトップシークレットは

「休み明けでもサートゥルナーリアに死角なし。一部報道ではローテーションや調整内容に疑問の声が上がっているようだが、馬主関係者からは必勝の情報が届いている。ここは勝利しか考えられない。相手には金子オーナーの勝負馬ヴェロックス。川田との相性も抜群で勝ち負けになる。他の馬はこの2頭に劣り、ここは一騎打ちが濃厚」

 といった情報により、見事馬連9.5倍を1点的中で仕留めているのだ。この情報を参考にした競馬ファンの多くが、多額の払い戻しを獲得したようだが、中には1点勝負で95万円も手にした猛者がいたというから羨ましい限りだ。昨年の皐月賞以外にも、昨年のG1レースは宝塚記念やチャンピオンズカップ、天皇賞で1点的中を達成し、さらにエリザベス女王杯や安田記念では万馬券も仕留めている。今年に入っても重賞レースのフィリーズレビュー(G2)で馬連30.2倍を1点的中。1000円の購入でも3万円、1万円なら30万円の払い戻しという見事な的中だ。

JRA皐月賞 厳しい取材規制でも本音が聞ける馬主関係者、彼らが知る3強レースの真実とは!の画像3
宝塚記念でも1点的中を成功!

 トップシークレットが入手する馬主関係者の情報は、とにかくビッグレースに強い印象。今年の皐月賞もすでに

「1点勝負が決定、しかも昨年以上の配当が見込める。買い方次第では100万円以上の払い戻しも夢ではない」

 とスタッフが語っているのだから、これは期待が高まるばかり。どうにかしてトップシークレットの皐月賞情報を入手できないか考えていたところ、彼らは素晴らしい提案をしてくれた。なんと【皐月賞の勝負情報を、無料で提供】してくれるというのだ。しかも昨年と同じく【1点勝負】だから、競馬ファンの興奮も最高潮に達するだろう。

 競馬において1点勝負は、もっとも効果的で効率のいい馬券の買い方。少ない資金を多く増やすことができるわけで、競馬ファンからすれば夢の馬券術でもある。それを現実に成功させてきたのがトップシークレットだ。

 しかも、今週末の皐月賞で、その1点勝負情報を無料で提供してくれるというのだ。これぞ競馬ファンにとってビッグチャンスだろう。桜花賞の負けを取り返すチャンスでもあるし、伝説の大勝負に無料で参加できるのだ。

 もちろん競馬ビギナーにとってもまたとない機会だ。コロナウイルスの影響でイベントや施設が休止している中、競馬は唯一大人を楽しませてくれる娯楽。馬券は20歳以上であれば誰でも購入できるし、クレジットカードやインターネットバンキングでも気軽に購入できる。1点100円なら100円だけ支払えばいい。ぜひこの機会に「トップシークレットの無料情報」を活用し、週末の皐月賞で勝負をしてはいかがだろうか。そして再来週から始まる6週連続G1レースに向けて、その資金をしっかり稼いでおこう。

CLICK→【無料公開!皐月賞・馬連1点勝負】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

JRA皐月賞 厳しい取材規制でも本音が聞ける馬主関係者、彼らが知る3強レースの真実とは!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!