NEW

甘デジ「現役最強」かつ「歴代最高」!「キング」に輝いたのは「意外なアノ機種」!?

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「現役最強」かつ「歴代最高」!「キング」に輝いたのは「意外なアノ機種」!?の画像1

 まあ私もずいぶん甘デジを打ってきた。古くは『加とちゃんワールド』『モナキストワールド』から始まった奥村の「ワールドシリーズ」。遊びやすい、遊びやすすぎたのかもしれない1/100を切るような大当り確率の台は当時なく、甘いといえども現金機の1/200台がせいぜいであった。

 したがって今でいうライトミドルくらいの確率の台はほぼなかったところに、大当り確率が1/70ほどである。基本は、散々やられた後にとにかく当てたいと切に願う養分メンタリティーを満たすために打つ「慰め要員」であったが、演出も面白いのでプンラスの勢いで開店と同時に打つこともあった。

 こうして奥村の『ワールド』は遊びやすいと認識された頃、次なるワールドが奥村から出されたので、この機種でも慰めてもらおうとしたが300回転くらい回しても全然当たらない。

 結局、余計な負債を増やして帰路に着いたのだが、なんか納得がいかなかったのでいろいろ調べるとこの『フルーツワールド』には甘デジバージョンがなかったのである。まじかよ奥村。そういうところやぞ、いまいちマイナーメーカーから脱することができないのは。と憤慨したものである。

 その後、規則改正やなんやで甘デジブームが到来し、兄弟機のひとつとして甘デジバージョンを用意することが一般的になるなど、パチンコシーンにすっかり甘デジが根付いてきて、今では甘デジだけのコーナーが何島もある状況。

 そんななか、過去も含めた甘デジ機種で私が最強だと推すのは『CRAスーパー海物語IN 沖縄4withアイマリン』である。

 若干「妙に連チャンする」とか「すぐ当る」とか「わりと16R引ける」などのムー的なアレも顔出すのであるが、それにつけてもおやつはカール、甘デジは『沖海』なのである。

 まずスペックのバランスが秀逸。メイン出玉は500発。振り分けが6or16Rしかないので安定している。そして当れば必ずST。ST5回の連チャン率は約40%ほどであるが、毎回連チャンするかもしれないチャンスがあるのとないのでは心的影響力が全然違うのである。

 さらに最低でも20回転の時短が付与されるので安心感が増す。実際には10%くらいループ率が上がるだけであるが、それが希望を与えるのである。しかも、メインは時短45回転でSTと合わせた連チャン率は62.7%。これはヤれる。

 実は4円等価のボーダーが20.なんぼとたいして甘くないむしろ若干辛いか? くらいなのであるが、ヘソ4個でわりと玉持ちがいい、横長の幅広アタッカーでセンサーが奥にあり閉じるまでのタイムラグが大きめなのでオーバー入賞しやすい、電サポ中の止め打ちで現状維持確保と、このあたりの整備は万全なのである。

甘デジ「現役最強」かつ「歴代最高」!「キング」に輝いたのは「意外なアノ機種」!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事