NEW

JRA武豊×サトノインプレッサでNHKマイルC(G1)参戦決定! 「6億円」ホースとは「コンビ解消」か!? レシステンシアの次走は……

【この記事のキーワード】, ,

JRA「サトノインプレッサ×武豊」でNHKマイルC(G1)参戦決定! 「6億円」ホースとは「コンビ解消」か!? レシステンシアの次走はどうなる?の画像1

 17日、毎日杯(G3)を勝ったサトノインプレッサ(牡3歳、栗東・矢作芳人 厩舎)が武豊騎手とのコンビで、NHKマイルC(G1)に参戦することが明らかになった。

 毎日杯ではスタートで出遅れて最後方からレースを進めたサトノインプレッサ。直線で進路が空いてからは抜群の手応えで勝利した。2着のアルジャンナに3/4馬身差の勝利だが、着差以上に強い内容のため、3歳世代で有力視される1頭である。

 皐月賞(G1)で3歳世代の頂上に挑む期待がかかったが、レース間隔が詰まることを理由に回避を発表。鞍上は未定としながらNHKマイルCへの参戦を表明していた。そして今回、晴れて武豊騎手とのコンビ継続が発表されたのだ。

 この発表で気になるのは、やはり桜花賞(G1)で武豊騎手が手綱を取ったレシステンシアではないだろうか。

 デビューから1600m以下の距離を使われてきたレシステンシアは、父ダイワメジャーという血統背景からも次走はNHKマイルCが有力視されていた。しかし、武豊騎手がサトノインプレッサに騎乗することが決まったため、「武豊騎手×レシステンシア」のコンビでNHKマイルC参戦はなくなったのだ。

「桜花賞での武豊騎手の騎乗は完璧といえる内容でした。NHKマイルCはレシステンシアとのコンビで挑むと思っていただけに、今回の発表は驚きです。

 ダイワメジャー産駒の重賞勝ちは、カレンブラックヒルが制した毎日王冠(G2)、小倉大賞典(G3)の1800mが最長距離です。同馬を除くと、すべて1600m以下の距離でしか重賞勝ちがありません。そのことを考えるとレシステンシアのオークス(G1)出走の可能性は低そうですね。

 次走は北村友一騎手とのコンビ復活でNHKマイルC、もしくは武豊騎手とのコンビ継続で安田記念(G1)の可能性が高そうです。敗戦したチューリップ賞(G2)の北村友騎手の騎乗は、試走的な意味合いも強い内容だったので、コンビ復活も十分にあり得るのではないでしょうか」(競馬記者)

 もしNHKマイルCに出走するとなれば、「武豊騎手VSレシステンシア」の対決に注目が集まる。また安田記念で勝てば、1952年のスウヰイスー以来、68年ぶりの3歳牝馬の優勝の大偉業だ。どちらにしても楽しみな1戦に違いない。

 そしてサトノインプレッサと武豊騎手のコンビ結成でもう1頭気になるのが、「6億円」ホース・アドマイヤビルゴだ。

JRA武豊×サトノインプレッサでNHKマイルC(G1)参戦決定! 「6億円」ホースとは「コンビ解消」か!? レシステンシアの次走は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合