NEW

JRAダノンプレミアム惨敗後、「喜び爆発」勝利騎手に2000豪ドルの罰金……オーストラリア競馬であった「気の毒すぎる」事態

 

JRAダノンプレミアム惨敗後、「喜び爆発」勝利騎手に2000豪ドルの罰金……オーストラリア競馬であった「気の毒すぎる」事態の画像1

 これも“コロナ禍”なのか?

 11日(土)に豪州で行われたクイーンエリザベスS(G1)は、イギリスのアデイブ(セ6歳、W.ハガス厩舎)が勝利。日本から参戦していたダノンプレミアムは、最後の直線で伸びきれず3着と涙を飲んだ。

 アデイブに騎乗していたT.マーカンド騎手は、このコンビでG1・2連勝。地元オーストラリアや日本の強豪を破っての勝利に、ゴール後には喜びを爆発させ、スタッフと熱い抱擁を交わした。

 しかし、ここで勝利の美酒に酔っていたマーカンド騎手に水を差す事態が生じたというから驚きだ。

 ニューサウスウェールズ州の競馬を統括するRacing NSWは、マーカンド騎手が厩務員を抱擁したことが、新型コロナウイルス対策の規則に反すると判断。マーカンド騎手に2000豪ドル(約13.5万円)、厩務員に500豪ドル(約3.4万円)の罰金が課せられることになったという。

「両者は新型コロナウイルスに感染していなかったため『拡大はなかった』として、騎乗停止などの追加処分はされなかったみたいです。しかし、喜びのあまり思わず取ってしまった行動で罰金とは……ちょっと気の毒ですね。

 例えば、日本では昨年のNHKマイルC(G1)後、勝ち馬アドマイヤマーズに騎乗していたM.デムーロ騎手が表彰式に移動する際、関係者に抱きついて喜びを爆発せていました。現在は口取り式や表彰式も中止されているので、このようなことは起こらないと思います。それでも世間からの顰蹙を買わないようにするためにも、いつも以上にパフォーマンスには注意をしたほうがいいでしょうね」(競馬誌ライター)

 一方、日本では勝利することに、競馬に関わる全ての関係者が憧れる「最高の栄誉」日本ダービー(G1)が来月に行われる。

 12年にディープブリランテで勝利した岩田康誠騎手、18年にワグネリアンで勝った福永祐一騎手らは、馬上で人目をはばからず男泣きを見せた。そのような時、思いを共有すべく関係者たちとの熱い抱擁を交わしたい気持ちは十分に理解できるが、やはり“濃厚接触”は控えるべきなのだろう。

 新型コロナウイルスの影響はさまざまなところに出ている。今年の春は勝利騎手を称えたり、喜びを表現するパフォーマンスは、大人しめなものにしておいたほうがいいようだ。

JRAダノンプレミアム惨敗後、「喜び爆発」勝利騎手に2000豪ドルの罰金……オーストラリア競馬であった「気の毒すぎる」事態のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!