NEW

JRAダノンプレミアム惨敗後、「喜び爆発」勝利騎手に2000豪ドルの罰金……オーストラリア競馬であった「気の毒すぎる」事態

 

JRAダノンプレミアム惨敗後、「喜び爆発」勝利騎手に2000豪ドルの罰金……オーストラリア競馬であった「気の毒すぎる」事態の画像1

 これも“コロナ禍”なのか?

 11日(土)に豪州で行われたクイーンエリザベスS(G1)は、イギリスのアデイブ(セ6歳、W.ハガス厩舎)が勝利。日本から参戦していたダノンプレミアムは、最後の直線で伸びきれず3着と涙を飲んだ。

 アデイブに騎乗していたT.マーカンド騎手は、このコンビでG1・2連勝。地元オーストラリアや日本の強豪を破っての勝利に、ゴール後には喜びを爆発させ、スタッフと熱い抱擁を交わした。

 しかし、ここで勝利の美酒に酔っていたマーカンド騎手に水を差す事態が生じたというから驚きだ。

 ニューサウスウェールズ州の競馬を統括するRacing NSWは、マーカンド騎手が厩務員を抱擁したことが、新型コロナウイルス対策の規則に反すると判断。マーカンド騎手に2000豪ドル(約13.5万円)、厩務員に500豪ドル(約3.4万円)の罰金が課せられることになったという。

「両者は新型コロナウイルスに感染していなかったため『拡大はなかった』として、騎乗停止などの追加処分はされなかったみたいです。しかし、喜びのあまり思わず取ってしまった行動で罰金とは……ちょっと気の毒ですね。

 例えば、日本では昨年のNHKマイルC(G1)後、勝ち馬アドマイヤマーズに騎乗していたM.デムーロ騎手が表彰式に移動する際、関係者に抱きついて喜びを爆発せていました。現在は口取り式や表彰式も中止されているので、このようなことは起こらないと思います。それでも世間からの顰蹙を買わないようにするためにも、いつも以上にパフォーマンスには注意をしたほうがいいでしょうね」(競馬誌ライター)

 一方、日本では勝利することに、競馬に関わる全ての関係者が憧れる「最高の栄誉」日本ダービー(G1)が来月に行われる。

 12年にディープブリランテで勝利した岩田康誠騎手、18年にワグネリアンで勝った福永祐一騎手らは、馬上で人目をはばからず男泣きを見せた。そのような時、思いを共有すべく関係者たちとの熱い抱擁を交わしたい気持ちは十分に理解できるが、やはり“濃厚接触”は控えるべきなのだろう。

 新型コロナウイルスの影響はさまざまなところに出ている。今年の春は勝利騎手を称えたり、喜びを表現するパフォーマンスは、大人しめなものにしておいたほうがいいようだ。

JRAダノンプレミアム惨敗後、「喜び爆発」勝利騎手に2000豪ドルの罰金……オーストラリア競馬であった「気の毒すぎる」事態のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待