NEW

JRA無敗馬サリオス「切り」皐月賞(G1)「3強」決着はない!? 「強力現場情報」をもとに三連単で「高配当」を狙う!

JRA無敗馬サリオス「切り」皐月賞(G1)「3強」決着はない!? 「強力現場情報」をもとに三連単で「高配当」を狙う!の画像1
サトノフラッグ JBISサーチより

 19日、中山競馬場で皐月賞(G1)が開催される。無敗の2歳G1馬のコントレイル、サリオスに加えて、弥生賞(G2)を勝ったサトノフラッグの「3強」ムードの1戦。今回、「強力現場ネタ」から皐月賞をハナビ杉崎が攻略する。

 まず「◎」はサトノフラッグ(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 前走の弥生賞ディープインパクト記念(G2)では、父ディープインパクトを彷彿とさせる圧勝劇。世界の名手O.マーフィー騎手も太鼓判を押す1頭を本命に挙げる。

「前走は後方から外を回して、自ら動く強い競馬でした。以前より出脚が良くなったため、位置取りに苦労しなくなりました。中山コースを2度経験しているのは大きな強みです。中間はじっくり調整し、やるだけのことはやって万全の態勢です。G1ホースの2頭にも、決して引けは取らないと思います」(厩舎関係者)

 さらにサトノフラッグを後押しするのが天気だ。皐月賞は馬場が悪化することが予想されるため、重馬場の弥生賞を制した価値は高い。

 また鞍上のC.ルメール騎手とは初コンビだが、昨年サートゥルナーリアで皐月賞を制した心強いパートナーだ。無敗のG1馬撃破の最有力候補だ。

JRA無敗馬サリオス「切り」皐月賞(G1)「3強」決着はない!? 「強力現場情報」をもとに三連単で「高配当」を狙う!の画像2

 つぎに「〇」はコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 最優秀2歳牡馬は外せない存在。昨年のホープフルS(G1)では福永祐一騎手が「強かった。僕はつかまっているだけでした」と能力の高さを絶賛する逸材である。

「スイッチが入りやすい馬なので、休み明けの心配はないです。この中間の動きを見る限り、折り合いも反応もいい感じです。1番枠ですが、器用な馬なので変に外を回されることもないでしょう」(厩舎関係者)

「能力の高さは世代トップだと思います。しかし、福永騎手は『馬場が悪くなると心配』と話しています。最大の敵は“雨”ですね」(競馬記者)

 陣営は「道悪もこなすと思う」と言ってはいるが、やはり良馬場希望。主役であることは間違いないが、馬場不安で割り引いて2番評価とする。

JRA無敗馬サリオス「切り」皐月賞(G1)「3強」決着はない!? 「強力現場情報」をもとに三連単で「高配当」を狙う!の画像3

「▲」はヴェルトライゼンデ(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 スプリングS(G2)は2着に敗れたが、叩き2戦目の今回が本番だろう。

「中山コースなら乗り方ひとつで、馬券圏内もあると思います。この馬の強みである自在性は、多頭数でこそ発揮されます。また新馬戦の内容を見る限り、馬場が渋っても大丈夫です。他の相手が道悪を苦にするようなら、プラスになりそうです。3強の1角くらいは崩せるかも」(厩舎関係者)

 まぎれのある中山コースでは不気味な存在だ。叩いた上積みも大きく、これまで堅実な走りを見せているだけに抑えておきたい。

JRA無敗馬サリオス「切り」皐月賞(G1)「3強」決着はない!? 「強力現場情報」をもとに三連単で「高配当」を狙う!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!