NEW

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?の画像1

 19日(日)、中山競馬場で開催される皐月賞(G1)。出走馬を抱える栗東のスタッフは慌ただしい日々を送っている。その合間を縫って、栗東関係者達から意外な情報がもたらされた。紹介していこう。

 今年の皐月賞は、コントレイル、サトノフラッグ、サリオスの3強対決と見られている。だがそれらに匹敵する潜在能力を持つのが、ヴェルトライゼンデ(池江泰寿厩舎)だ。

 今年の始動戦である前走のスプリングS(G2)では、ガロアクリークに敗れて2着。出鼻をくじかれた格好になったが、陣営に悲壮感はない。

「自在性があり、混戦になれば浮上する可能性を秘めた1頭。週末の関東は天気が崩れると予想されていますけど、『馬場が渋っても大丈夫』と道悪を歓迎していました。さらに『紛れが少ない東京競馬場は難しいけど、トリッキーな中山競馬場ならば、波乱を起こすチャンスはあるはずだ』と自信をのぞかせていましたよ」(栗東関係者)

 上位に食い込めるか。

 叩き合いを制してきさらぎ賞(G3)を勝ったコルテジア(鈴木孝志厩舎)。ここでは意外な役目もあるようだ。

「前に出ても、控えても競馬ができるセンスのいい馬。ただ、スタッフも『2000mで総合力を問われると厳しい』と明かすように、ここだと難しいだろうね。

 今回有力視されているコントレイルは、折り合いが鍵になるといわれている。だから、同じノースヒルズ生産馬のコルテジアは、同馬のペースメーカーを務める可能性もといわれているよ。ちなみにホープフルS(G1)では、同厩のパンサラッサを先導役ような感じで使っていたみたい」(競馬誌ライター)

 アシストに徹する?

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?の画像2

 3連勝中のレクセランス(池添学厩舎)は穴を開けることができるか。

 前走のすみれS(L)は最後方から外を回って進出すると、最後の直線ではライバルたちを次々に交わして勝利をあげた。

「スタッフは、『今回は長距離輸送に慣れさせることが主な目的』、『素質は高いけど、まだ成長途上。現時点で一線級の馬とどれだけ差があるか見てみたい』などと弱腰。

 ただキャリア全てで上がり3F最速をマークする切れ味鋭い脚を持っていますし、展開が向けば上位進出するかもしれません」(栗東関係者B)

 いい意味で予想を裏切る!?

 キャリア1戦1勝ながら、クラシックに挑戦するテンピン(安田隆行厩舎)。話題にはなっていたが、常識的には難しいだろう。

「新馬戦は少頭数でスローの2番手から勝利。楽な競馬だったと思います。

 切れる脚がないので道悪予報はプラス。でも、だからといって今回上位に食い込めるほど甘くはないですよね。スタッフも『トップクラスとどれくらい差があるのか知りたい』とどこか客観視している感じでした」(競馬記者)

 皐月賞(G1)を制するのはどの馬なのだろうか。19日15時40分にクラシック1冠をかけたレースの火蓋が切られる。

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!