NEW

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?

【この記事のキーワード】, ,

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?の画像1

 19日(日)、中山競馬場で開催される皐月賞(G1)。出走馬を抱える栗東のスタッフは慌ただしい日々を送っている。その合間を縫って、栗東関係者達から意外な情報がもたらされた。紹介していこう。

 今年の皐月賞は、コントレイル、サトノフラッグ、サリオスの3強対決と見られている。だがそれらに匹敵する潜在能力を持つのが、ヴェルトライゼンデ(池江泰寿厩舎)だ。

 今年の始動戦である前走のスプリングS(G2)では、ガロアクリークに敗れて2着。出鼻をくじかれた格好になったが、陣営に悲壮感はない。

「自在性があり、混戦になれば浮上する可能性を秘めた1頭。週末の関東は天気が崩れると予想されていますけど、『馬場が渋っても大丈夫』と道悪を歓迎していました。さらに『紛れが少ない東京競馬場は難しいけど、トリッキーな中山競馬場ならば、波乱を起こすチャンスはあるはずだ』と自信をのぞかせていましたよ」(栗東関係者)

 上位に食い込めるか。

 叩き合いを制してきさらぎ賞(G3)を勝ったコルテジア(鈴木孝志厩舎)。ここでは意外な役目もあるようだ。

「前に出ても、控えても競馬ができるセンスのいい馬。ただ、スタッフも『2000mで総合力を問われると厳しい』と明かすように、ここだと難しいだろうね。

 今回有力視されているコントレイルは、折り合いが鍵になるといわれている。だから、同じノースヒルズ生産馬のコルテジアは、同馬のペースメーカーを務める可能性もといわれているよ。ちなみにホープフルS(G1)では、同厩のパンサラッサを先導役ような感じで使っていたみたい」(競馬誌ライター)

 アシストに徹する?

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?の画像2

 3連勝中のレクセランス(池添学厩舎)は穴を開けることができるか。

 前走のすみれS(L)は最後方から外を回って進出すると、最後の直線ではライバルたちを次々に交わして勝利をあげた。

「スタッフは、『今回は長距離輸送に慣れさせることが主な目的』、『素質は高いけど、まだ成長途上。現時点で一線級の馬とどれだけ差があるか見てみたい』などと弱腰。

 ただキャリア全てで上がり3F最速をマークする切れ味鋭い脚を持っていますし、展開が向けば上位進出するかもしれません」(栗東関係者B)

 いい意味で予想を裏切る!?

 キャリア1戦1勝ながら、クラシックに挑戦するテンピン(安田隆行厩舎)。話題にはなっていたが、常識的には難しいだろう。

「新馬戦は少頭数でスローの2番手から勝利。楽な競馬だったと思います。

 切れる脚がないので道悪予報はプラス。でも、だからといって今回上位に食い込めるほど甘くはないですよね。スタッフも『トップクラスとどれくらい差があるのか知りたい』とどこか客観視している感じでした」(競馬記者)

 皐月賞(G1)を制するのはどの馬なのだろうか。19日15時40分にクラシック1冠をかけたレースの火蓋が切られる。

JRA皐月賞(G1)栗東からコルテジア「まさかの情報」入手! 波乱を起こす可能性を秘めているのは……?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話