NEW

JRA「超豪華」メンバーが安田記念(G1)に集結!ドリームマッチ誕生の裏に今年だからこその嬉しい“誤算”が!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「超豪華」メンバーが安田記念(G1)に集結!ドリームマッチ誕生の裏に今年だからこその嬉しい誤算が!?の画像1

 6月7日に春のマイル王決定戦・安田記念(G1)が開催される。5月10日のNHKマイルC(G1)からはじまる東京競馬場の5週連続G1の締めくくりのレースでもある。

 今年はどうやら「超豪華」メンバーでの開催になりそうだ。

 すでに出走を表明しているのは、現役最強馬・アーモンドアイ、昨年の最優秀3歳牝馬グランアレグリア、国内外でマイルG1・3勝のアドマイヤマーズ、昨年の春秋マイル王・インディチャンプ、無冠の大物・ダノンキングリーといった超豪華メンバー。開催されるのは1か月以上先だが、今から待ち遠しくてたまらない顔ぶれだ。

 今回、この豪華メンバーが揃ったのは、海外競馬の状況が大きく影響している。

 当初は3月に開催されるドバイターフ(G1)にアーモンドアイとアドマイヤマーズの2頭が出走を予定していた。しかし、新型コロナウイルスの影響で、開催が中止となってしまい帰国を余儀なくされたのだ。

 前記2頭に加え、インディチャンプも26日に香港で行われるチャンピオンズマイル(G1)に出走を予定していたが、こちらも新型コロナウイルスの影響を考慮して回避している。

 これらの海外レースの中止の影響を受けたマイル~中距離路線馬が、安田記念に集結する形になったのだ。

「世界的にマイル~中距離路線が主流となっていることもあり、その路線の馬は複数のG1が開催されるドバイや香港といった招待競走を選ぶことが多くなっています。招待競走の場合、経費は主催者持ちですし。

 大阪杯(G1)がG1昇格したことで国内の中距離路線が充実しましたが、ドバイと同時期の開催。そのため、ドバイ中止の煽りを受けた馬は出走できません。今回、海外という選択肢がなくなったことにより、安田記念しか出走するレースがなかったのです」(競馬記者)

 昨年の安田記念はロジクライがスタート直後に大きく斜行し、アーモンドアイ、ダノンプレミアムといった有力馬が被害を受けた。結果的に被害馬は敗れ、被害のなかったインディチャンプが優勝するという後味の悪いレースとなってしまった。

 今年はアーモンドアイと昨年王者のインディチャンプの再対決に加えて、有力4歳馬が多数出走と見どころ満載だ。各馬が実力を出し切るレースになることを願いつつ、嬉しい“誤算”で実現するドリームマッチを楽しみにしたい。

JRA「超豪華」メンバーが安田記念(G1)に集結!ドリームマッチ誕生の裏に今年だからこその嬉しい“誤算”が!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は