NEW

JRAルヴァンスレーヴかしわ記念(G1)でついに復帰! 「新星」モズアスコット相手に「真の最強馬」証明なるか

【この記事のキーワード】, ,

JRAルヴァンスレーヴかしわ記念(G1)でついに復帰! 「新星」モズアスコット相手に「真の最強馬」証明なるかの画像1

 3歳馬ながら並みいる古馬の強豪相手に18年のチャンピオンズC(G1)を圧勝したルヴァンスレーヴ(牡5、美浦・萩原清厩舎)が、5月5日のかしわ記念(G1)で待望の戦列復帰を迎える。

 同馬の復帰はこれまで二転三転していたが、ようやく出走がかなえられそうだ。

 チャンピオンズCを制し、翌年のフェブラリーS(G1)からの始動を予定していたが、左前脚に軽度の不安を発症したために回避、その後に予定していたドバイワールドC(G1)への登録も見送った。

 以降も帝王賞(G1)での復帰が発表されるも、再び左前脚に不安を発症したため再度の回避となり、待望の復帰戦を前にまたも脚部不安で涙をのんだ。気が付けば、最後にG1を制してから約2年4ヶ月が経過していた。

 M.デムーロ騎手が「この馬でケンタッキーダービーに行きたい」と熱望していたダート最強馬が長期不在の間にダートの勢力図には大きな変化があった。

 昨年のフェブラリーSを勝ったインティが台頭し、クリソベリルは昨年のチャンピオンズSをルヴァンスレーヴと同じく3歳で勝利。今年のフェブラリーSでは芝から転戦してきた安田記念馬モズアスコットが芝・ダート二刀流でのG1制覇を達成している。

 そのほかにもオメガパフュームやチュウワウィザードなどライバル馬は多数存在する。王者が不在の間も勢力図に変化がないことを証明するには、これらのライバルたちを倒す必要がある。

 もちろん、今回初の手合わせとなるモズアスコットも簡単に倒せる相手ではない。根岸S(G3)ではコパノキッキングを一蹴し、その圧倒的な走りはコパノキッキング陣営にフェブラリーS回避を決断させたほどだ。フェブラリーSでも前年の勝ち馬インティを問題にせず、モズアスコット時代の到来すら予感させた。

「万全の状態での出走であれば、ルヴァンスレーヴが優勢だったかもしれませんが、さすがに今回は長期休養からの復帰戦です。いきなりの全力投球とはいかないでしょうから、陣営としてもまずは無事に回って来てくれればというのが本音でしょう。

 ただ、休養前のパフォーマンスを考えると、それでもルヴァンスレーヴならば、何とかしてくれるのではないかと期待したくなる馬でもあります」(競馬記者)

 ルヴァンスレーヴは「ダートの新星」モズアスコットを倒し、「真の最強馬」を証明することができるか?

 新旧ダート最強馬の対決としても注目となる今年のかしわ記念は、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

JRAルヴァンスレーヴかしわ記念(G1)でついに復帰! 「新星」モズアスコット相手に「真の最強馬」証明なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?