NEW

【JRAフローラSの裏側】オークストライアルの真実と今年の激走穴馬とは?

【JRAフローラSの裏側】オークストライアルの真実と今年の激走穴馬とは?の画像1
春競馬最大の馬券勝負到来!

 今週はオークストライアルのフローラステークス(G2)が行われる。上位2頭までに与えられる優先出走権を巡り、熱い戦いが繰り広げられるわけだが、今年はかなり難解なレースといえよう。というのも、今年の出走予定馬は重賞レースで好走した馬はいるものの、全体的にかなり低レベルで混戦模様。桜花賞トライアルのチューリップ賞などと比較しても、やはりメンバーの質は低い。

 このレースは毎年のように10番人気以下の穴馬が上位に好走し、高額万馬券が飛び出している。過去10年で2本の100万馬券がある重賞レースなど稀だ。またこのレースの勝ち馬が、次のオークスも勝つとなるとこれは至難の業。実際に1990年以降、過去30年では2010年のサンテミリオンのみ。同馬はフローラステークスを単勝1.9倍の人気に応えて完勝し、そしてオークスはアパパネと同着優勝という内容だった。

 この成績からフローラステークスはオークスに直結しにくい傾向があるが、2着や3着は何頭か見られるので、馬券的には目が離せないレースともいえそうだ。また今年はある事情でかなり複雑なレースとなっているという。その裏事情を教えてくれたのが、競馬界最強の万馬券的中集団である「暴露王」だ。彼らによると、このフローラステークスは例年とは違う何かがあるとのこと。

「桜花賞を勝ったデアリングタクトは、現時点でオークスではなく日本ダービーへの出走も視野に入っています。恐らく皐月賞の結果を踏まえて決定するのでしょうが、もし日本ダービーに出走すれば、他の関係者からすれば桜花賞馬不在のオークスはかなりのチャンスとなりますからね。そういった意味でも、このフローラステークスで是が非でも権利を取り(2着以内に入り)、オークスに出走させたいと考えている陣営が多いようです。

 その中には、桜花賞ではなくこのレース一本に絞って調整されてきた絶好の狙い馬や、この条件がベストの超人気薄馬もいるのです。また、逆に調整に失敗した馬や、東京遠征や距離、左回りに不安がある馬、鞍上をめぐってのトラブルなど、様々な状況が複雑に絡み合っています。しかしこれらの情報が明るみに出ることはないでしょう。それはJRAの取材規制があるからです。

【JRAフローラSの裏側】オークストライアルの真実と今年の激走穴馬とは?の画像2

 現在JRAでは、外部からのコロナ感染を防ぐために、騎手や調教師、厩務員に対しても記者の接触を厳しく規制しています。例えばフリーのカメラマンや競馬記者は、競馬場や美浦と栗東のトレーニングセンターなどに入れなくなりました。さらにスポーツ紙や競馬専門紙の記者であっても、取材活動は大幅に制限されており、規制前と同じ取材ができず、記事や情報がおざなりになっています。

 そんな状況で重要なのは、いかに関係者から本物の情報を入手できるかでしょう。しかし既存のマスコミにそれを期待するのは酷です。彼らはしたくても取材できない状況にあるからです。

 しかし暴露王が提携するベテラントラックマン(競馬記者)は違います。彼らは取材規制があっても、電話やメールで直接関係者と連絡を取り合い、本音を入手できるからです。それは関係者と信頼関係のない他の記者では不可能ですが、彼らは別格。つまり我々に取材規制の影響は皆無で、入手する情報は独占的なものになり、その価値は絶大なものとなります。

 そういった状況もあり、フローラステークスでは驚くような激走情報を入手しております。もちろん、我々だけの独占情報です。万馬券の的中はもちろん、過去最高とは言いませんが、かなりの配当も期待できるでしょう」

 この話からも暴露王の情報源は、今最も競馬ファンにとって価値のあるものに違いない。暴露王は過去に100万馬券を的中させた実績があるが、それには届かないまでもこのフローラステークスはかなりの万馬券が飛び出す可能性があるということ。我々競馬ファンの期待は高まるばかりだ。

 暴露王は競馬ファンから「日本一の万馬券専門サイト」「競馬界最後の駆け込み寺」と呼ばれるほど、万馬券の的中に絶大な実績がある。実際に毎年300本の万馬券的中を公約としており、昨年はなんと40万馬券を筆頭に350本の万馬券を的中。そして今年も10万馬券を多く的中させるなど、4月19日終了時点で104本的中で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。昨年を大幅に上回るペースなのだから、いかにこのコロナウイルスの影響がプラスに作用しているかわかるだろう。

【JRAフローラSの裏側】オークストライアルの真実と今年の激走穴馬とは?の画像3
暴露王の的中実績(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 暴露王が提携する競馬記者は、表向きは大手のスポーツ紙や競馬専門紙などに所属しているが、その実績と長い経歴から自由な活動が認められ、多くの競馬関係者と密接な関係にあるという。彼らにとって競馬関係者は、中には数十年の付き合いであったり、調教師や騎手がまだ若手の頃からの付き合いがあるそうだ。そして飲み仲間でありゴルフ仲間であり、家族ぐるみの付き合いもある記者もいるほど。だからこそ、他の記者では入手できない陣営や厩舎関係者の“ホンネ”を聞き出すことができ、それが多くの万馬券的中に繋がっているのだ。

 そんな暴露王が独占入手したフローラステークスの激走馬はどんな情報か、ぜひ教えてほしいと交渉したところ、新たな進展があった。

「オッズの低下や関係者への配慮、マスコミなど様々な影響を考慮し、紙面上で我々が掴んだ穴馬を公表することはできません。しかし、読者の皆様がより競馬を楽しめるよう、暴露王をまだご利用いただいたことがない方に限り、このフローラステークス情報を読者に無料で公開いたします。この情報規制の中で得られる本物の情報とは何か、ぜひその目で確認してください」

 まさしく「日本一の万馬券専門サイト」「競馬界最後の駆け込み寺」と呼ぶに相応しい提案だ。今週のフローラステークスで競馬ファンが最も必要とする激走穴馬情報を、無料で提供してくれるのだ。この情報を知れば万馬券的中は目前、春競馬最大のチャンスを活かさない手はない。なお情報や買い目は当日配信とのことなので、前日までに取得方法の確認をチェックしておくべきだろう。

CLICK→【無料公開!フローラステークス関係者の本音・独占情報】暴露王

※本稿はPR記事です。

【JRAフローラSの裏側】オークストライアルの真実と今年の激走穴馬とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!