NEW

パチンコ新台『シンフォギア2』が話題のヒットメーカー! 逆襲の「超大物」も緊急参戦!?

【この記事のキーワード】

, , ,

 業界のリーディングカンパニーSANKYOが誇る「革命機」が始動。前作を踏襲しつつも進化を遂げた『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』への注目は日に日に高まっている。

パチンコ新台『シンフォギア2』が話題のヒットメーカー! 逆襲の「超大物」も緊急参戦!?の画像1
SANKYO HPより

■大当り確率:約1/199.8
■賞球数:3&1&4&13
■確変突入率:51.2%
■確変継続率:82%
■時短回数:1回or7回or11回or99回
〇〇〇

 1種2種混合タイプ。大当り確率も約1/199.8と遊びやすさは健在だ。連チャンモード「シンフォギアチャンスGX」への突入率は51.2%、継続率は82%を誇る仕様。前作以上の連チャンに期待ができる仕上がりと言えるだろう。

「すでに試打なども行われており、感想として目立ったのは『良くも悪くも変わっていない』というもの。『全く違和感なく楽しめる』という声は多いですね。あとはスペック面に関する意見もありますが、絶賛されているのは演出面です。

『映像は本当に綺麗』『音楽や役物が最高』『気持ち良さは倍増!』と好評価する方が圧倒的。ド派手な筐体への反応は賛否両論のようですが……。総合的な評価は高めという印象。期待に応えてくれる可能性は十分にあると思いますよ」(パチンコ記者)

「最終決戦」に「振動タイプ」が加わるなどファン必見の要素は満載。革命的名マシン第2弾への期待は高まる。

 同社の新機種といえば、規定回転数の消化で発動する時短システム「遊タイム」搭載マシンも忘れてはならない。

 人気シリーズ最新作『Pフィーバー真花月2 夜桜バージョン』を発表。通常時「500回転」消化で、「759回転」のロング時短がスタートする仕様だ。

 気になるスペックは大当り確率1/199.8のライトミドルタイプ。大当り終了後は例外なくST100回の確変へと突入する。ST継続率は約72%で、打ち手を飽きさせない工夫が施された仕上がりだ。

「救済的なシステム」と認識されている遊タイムは、どのような反響を得られるのだろうか。動向に注目したいが……。

両機に続く「激アツ情報」が浮上した。パチンコ・パチスロ両分野でも上々の反響を獲得。熱狂的ファンを持つ「超大物コンテンツ」へ熱い視線が注がれている。

パチンコ新台『シンフォギア2』が話題のヒットメーカー! 逆襲の「超大物」も緊急参戦!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!