NEW

JRA「完璧ローテ」インディチャンプ「G2未勝利」だけじゃない!? マイラーズC(G2)の一抹の「不安」とは……

【この記事のキーワード】,

JRA「完璧ローテ」インディチャンプ「G2未勝利」だけじゃない!? マイラーズC(G2)の一抹の「不安」とは……の画像1

 26日、京都競馬場でマイラーズC(G2)が開催される。主役を務めるのは、昨年の春秋マイル王・インディチャンプ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 前走の中山記念(G2)は4着に敗れた。だが別定戦のため、勝ち馬のダノンキングリーより2キロ重い58キロで出走。さらに得意のマイルから200mの距離延長ということも考えれば、叩きの1戦としては上出来の内容と言えるだろう。その後、同レースの2着馬ラッキーライラックが大阪杯(G1)を勝ったことを考えると、いかにハイレベルな1戦だったかもわかるはずだ。

 またインディチャンプはレース間隔が空くよりも、詰めたほうが好走傾向にある。実際に、昨年制した東京新聞杯(G3)、安田記念(G1)、マイルCS(G1)は、すべて前走から約1か月半程度の間隔で挑んだレースだ。それに対して、国内で敗れたレースのマイラーズCは2か月半、毎日王冠(G2)は4か月の間隔で挑んでいた。また今年の中山記念も3か月空いている。

 上記の前哨戦を3連敗していることから、インディチャンプは「G2で勝てない」というジンクスもあるぐらいだ。だが、原因はこのレース間隔にあるのかもしれない。

 今回マイラーズCに出走するが、当初は26日に香港で開催されるチャンピオンズマイル(G1)に出走を予定していた。しかし、新型コロナウイルスの影響で遠征を断念。急遽、国内戦にシフトチェンジしたのだった。そのため、G1に向けて組まれたローテーションでG2のマイラーズCに挑戦することになる。

 ここでは負けられないインディチャンプにとって、前走から2か月弱の間隔でレースに臨めるのはジンクスを打ち破る好材料になりそうだ。

 さらに鞍上は先週の皐月賞(G1)を制した福永祐一騎手。5大クラシック競走を完全制覇し、いま最も勢いに乗るジョッキーだ。2週連続重賞制覇は容易いことかもしれない。

 まさに盤石の体制といえるインディチャンプだが、G2未勝利以外のジンクスも存在する。

「インディチャンプで1つ気になるのは、『春のレースで凡走』していることです。夏は牝馬なんて言いますが、春に走らないなんてことはないとは思いますがね……」(競馬記者)

 実際に3月、4月の成績を確認すると、3歳時は毎日杯(G3)で3着、アーリントンC(G3)で4着。また昨年のマイラーズCの4着、今年の中山記念の4着も当てはまる。たしかにこの結果を見る限り、国内レースでは複勝率.769の抜群の成績を収めているインディチャンプにとって、春のレースで走っていないことになるのだ。

 果たしてインディチャンプは「G2」と「春は走らない」という2つのジンクスを打ち破り、マイル王者の貫禄を見せつけることができるろうか。

JRA「完璧ローテ」インディチャンプ「G2未勝利」だけじゃない!? マイラーズC(G2)の一抹の「不安」とは……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声