NEW

JRA「泥沼」G1レーシングの重賞連敗ストップ!? マイラーズC(G2)ヴァルディゼールが大得意「京都マイル」に登場!

JRA「泥沼」G1レーシングの重賞連敗ストップ!? マイラーズC(G2)ヴァルディゼールが大得意「京都マイル」に登場!の画像1

 26日、京都競馬場では注目のマイラーズC(G2)が行われる。春秋マイル王インディチャンプに人気が集まりそうだが、デビュー2戦目でシンザン記念(G3)を制した素質馬、ヴァルディゼール(牡4歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)も侮れない存在だ。

 前走の洛陽S(L)で1年1か月ぶりの勝利を挙げたヴァルディゼール。デビューから6戦のうち5戦で手綱を取った北村友一騎手とのコンビで重賞2勝目を狙う。

 ヴァルディゼールにとって京都芝1600mは最高の条件だ。シンザン記念を含め、同舞台では3戦無敗。全3勝をこの舞台で挙げている。

「ヴァルディゼールにとって京都1600mはベストの舞台です。デビュー戦は内回りでしたが、上がり3ハロン最速タイをマークしました。外回りのシンザン記念と洛陽Sも上がり3ハロン2位ですから、平坦コースが合っているのでしょう。インディチャンプと(斤量)2kg差なら好勝負必至だと思います」(競馬誌ライター)

 昨年1月のシンザン記念以来、2つ目の重賞タイトルを狙うヴァルディゼール。馬主のG1レーシングにとっても是が非でも勝ちたいレースのはずだ。

 これまで3頭のG1馬を輩出しているG1レーシングは、2010年に設立された社台系の一口馬主クラブだ。2011年夏に初代所有馬がデビューすると、12年には2世代目のコレクターアイテムがアルテミスSでクラブに重賞初制覇をプレゼント。13~15年は重賞に手が届かなかったが、その後、急成長を見せる。

 16年はアルバートドックとソルヴェイグがそれぞれ重賞2勝をマークすると、17年にはペルシアンナイトのマイルCS(G1)制覇を含めて重賞を4勝。18年はジュールポレールがヴィクトリアマイル(G1)を、ルヴァンスレーヴがチャンピオンズカップ(G1)を制覇。同年の重賞勝利数は同クラブにとって歴代最多の「5」を数えた。

 飛ぶ鳥を落とす勢いで19年も年明け早々にヴァルディゼールがシンザン記念を制したが、その後、所有馬はスランプに陥ってしまう。ヴァルディゼールが制したシンザン記念を最後に、先週までG1はおろか重賞レースでなんと27連敗。それまでの勢いはピタリと止まり、泥沼にはまっている状態だ。

【G1レーシング年度別JRA重賞勝利数】
 2011年 0勝
 2012年 1勝
 2013年 0勝
 2014年 0勝
 2015年 0勝
 2016年 4勝
 2017年 4勝(マイルCS)
 2018年 5勝(ヴィクトリアマイル、チャンピオンズカップ)
 2019年 1勝
 2020年 0勝(4月22日現在)
 ※カッコ内はG1勝利

 来月には1歳上のルヴァンスレーヴが、かしわ記念(G1)で待望の戦列復帰を迎える。ヴァルディゼールは一足先に1年3か月ぶりの重賞制覇を果たし、苦しむG1レーシングを救えるだろうか。

JRA「泥沼」G1レーシングの重賞連敗ストップ!? マイラーズC(G2)ヴァルディゼールが大得意「京都マイル」に登場!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声