NEW

JRA C.ルメール×2歳女王レシステンシア「新コンビ」でNHKマイルC(G1)参戦決定! 武豊降板も「最強コンビ結成」で問題ナシ!?

JRA C.ルメール×2歳女王レシステンシア「新コンビ」でNHKマイルC(G1)参戦決定! 武豊降板も「最強コンビ結成」で問題ナシ!?の画像1

 22日、桜花賞(G1)で2着に入ったレシステンシア(牝3歳、栗東・松下武士厩舎)が、C.ルメール騎手とコンビを結成し、NHKマイルC(G1)に挑戦することをキャロットクラブがホームページで発表した。

 2歳女王レシステンシアは、武豊騎手を背にクラシック初戦・桜花賞に参戦。1番人気に支持され、最後の直線では先頭に立つも、外から異次元の末脚を発揮したデアリングタクトに交わされて“銀メダル”に終わっていた。

「レシステンシアはダイワメジャー産駒です。同産駒の重賞勝ちは、カレンブラックヒルの毎日王冠(G2)、小倉大賞典(G3)の1800mが最長距離で、それ以外はすべて1600m以下のレース。そのため、レシステンシアのオークス(G1)出走の可能性は低く、次走はNHKマイルC(G1)が有力視されていました」(競馬誌ライター)

 ところが武豊騎手は、いち早く毎日杯(G3)を勝ったサトノインプレッサでのNHKマイルC参戦が決定している。そのため、レシステンシアがNHKマイルCに向かうならば、誰が鞍上を務めるのかが注目の的だった。

「その武豊騎手の替わりに出てきたのがルメール騎手。今年は3歳勢で有力なお手馬がいなかっただけに、本人にとっても渡りに船。またふたりは同じエージェントですので、武豊騎手にも、またレシステンシアに騎乗するチャンスも残っています。この乗り替わりは、お互いにとってwin-winだったのかもしれません」(競馬記者)

 武豊騎手からルメール騎手へ、豪華なリレーが実現した。レシステンシアは得意とするマイル戦で、大輪の花を咲かせるか?

JRA C.ルメール×2歳女王レシステンシア「新コンビ」でNHKマイルC(G1)参戦決定! 武豊降板も「最強コンビ結成」で問題ナシ!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!