NEW

剛力彩芽&前澤友作復縁に「サイン」の妙味あり? マイラーズC(G2)はインディチャンプより「アノ実績馬」が波乱を巻き起こす!?

剛力彩芽&前澤友作復縁に「サイン」の妙味あり? マイラーズC(G2)はインディチャンプより「アノ実績馬」が波乱を巻き起こす!?の画像1

 競馬には、時事とレースの結果がシンクロする「サイン決着」というものが存在する。昨年はオークス(G1)開催前に、元AKB48で女優の川栄李奈が「できちゃった婚」を発表。本番では12番人気のカレン「ブーケ」ドールが2着に入る激走を見せると、一部から『あれがサインだった』と盛んに叫ばれた。

 それを踏まえたうえで今週、世間を賑わせたニュースを見ていこう。新型コロナウイルス関連の話題が多い中、それ以外で注目されるのは、元ZOZO前澤友作氏と女優・剛力彩芽の電撃復縁ではないだろうか。

 2018年の春にふたりの交際は明らかになったが、昨年11月に破局。前澤氏は『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)に出演した際、「お互いの方向性の違い」が原因だと言い、「彼女(剛力)はもっとお仕事を頑張りたい、まだ27歳ですから、バリバリ頑張りたいと。一方、僕は新しい事業だとか、宇宙だとか、もっともっといっぱい彼女についてきて欲しい」と説明していた。

 だが剛力は破局後も、自身のラジオ番組で『形としては終わりましたが、私の気持ちは残っています』と未練があることを明かしていた。だからこそ、焼けぼっくいに火がついてしまったのかもしれない。

 さて、競馬に話を戻そう。今週はG1シーズンの谷間だが、土日合わせて重賞は3レース開催される。この中で今回の1件をどこに当てはめることができるかといえば、ふたりに振り回された関係者たちは“参っている”ハズ……参った=参る=マイルということで、マイラーズC(G2)だと見るべきだ。少々苦しいが、目をつぶっていただきたい。

 今年のマイラーズCでは、昨年の春秋統一マイル王インディチャンプ、頭角を現してきたフィアーノロマーノ、さらに上がり馬ヴァンドギャルドなどが有力視されている。

 前澤氏といえば「月旅行プロジェクト」を進め、さらに頓挫したものの『AbemaTV』でお見合い番組『前澤友作 真剣お見合いドキュメント~FULL MOON LOVERS~』を開催する予定だった。“月”がキーワードになるのは間違いないだろう。そこで、名前に月が入っているブラックムーン(牡8歳、栗東・西浦勝一厩舎)は外せない。

 18年の京都金杯(G3)以来、勝利から遠ざかっているブラックムーン。しかし近3走で2度も上がり最速の脚を使うなど、状態は良くなっているようだ。

 管理する西浦師も「京都外回りの条件もいい。自分の競馬ができれば」と期待をのぞかせる。さらに鞍上は桜花賞(G1)をデアリングタクトで勝った松山弘平騎手。今、乗りに乗っている松山騎手を背に、ムーンのサインパワーを味方につけ、激走してもらいたい。

 またこの“元サヤ”をふたりの時が戻ったと解釈するならば、“タイムトリップ”も見逃せない。さらに前澤氏が44歳なので、4枠に入った馬にも注意を配ったほうがいいのは当然だろう。

 マイラーズCは、15年は8番人気のレッドアリオンが勝利し、16年には11番人気のクラレントが3着に飛び込み波乱の決着を見せるなど、決して堅いとはいい難い1戦だ。頭の片隅にこのサインのことをとどめておけば、いい思いができるかも!?

剛力彩芽&前澤友作復縁に「サイン」の妙味あり? マイラーズC(G2)はインディチャンプより「アノ実績馬」が波乱を巻き起こす!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?