NEW

JRA岩田望来「京都マイル」まだ未勝利……マイラーズC(G2)ヴァンドギャルドで重賞初制覇の大チャンスも

【この記事のキーワード】

, ,

JRA岩田望来「京都マイル」まだ未勝利……マイラーズC(G2)ヴァンドギャルドで重賞初制覇の大チャンスもの画像1

 26日、開幕週の京都競馬場ではマイラーズC(G2)が行われる。過去2年はマイラーズC経由の馬が安田記念を制覇(2018年=2着モズアスコット(2走前)、19年=インディチャンプ4着)しており、春のマイル王決定戦に直結する重要なレースだ。

 23日時点、『netkeiba.com』の事前オッズで3番人気に支持されているのがヴァンドギャルド(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 前走の東京新聞杯(G3)では2番人気を裏切り、6着に敗れた。その後、放牧を挟み、2か月半ぶりのレースで巻き返しを図る。

「前走は出遅れが全てでした。すぐに挽回していい位置を取りましたが、直線伸びかけたところで前が壁になるシーンもあり、6着という結果は度外視していいでしょう。むしろ1着馬に0秒2差に迫ったことは評価すべきです。賞金的にも陣営は全力で勝ちにくるはず」(競馬誌ライター)

 22日の最終追い切りでは、栗東CWで4F51秒8-1F11秒6の好時計をマーク。軽快な脚さばきは大きな成長を感じさせた。

「調教でまたがった岩田望来騎手も『動きも良く、成長を感じます』と話しているように、4歳を迎え一気に本格化しそうな雰囲気が漂っています。京都のマイルは3走前の三年坂特別(2勝クラス)で快勝しており、陣営の期待も大きいですよ」(同)

 京都の1600mといえば、ディープインパクト産駒が最も得意とするコースの一つだ。2019年以降、同産駒はこの舞台で最多の21勝を挙げている。2位のロードカナロア産駒が7勝なので、その差は歴然。まさに“ディープ産駒の庭”と言える条件だ。

 さらに2018年のサングレーザー、19年のダノンプレミアムとディープインパクト産駒がマイラーズCを2連覇中。今年の出走馬で同産駒はヴァンドギャルドだけなら、狙わない手はないだろう。

 鞍上・岩田望来騎手は2走前のウェルカムS(3勝クラス)を初コンビで快勝。現在全国リーディング9位の24勝を挙げ、先週のアーリントンC(G3)では重賞初連対(2着)を果たすなど今、最も勢いがある若手騎手だ。

 しかしヴァンドギャルドにとって最大の不安要素が、その岩田望騎手だという。

「(岩田)望来騎手は、デビューから1年あまりですでに60勝以上挙げており、次代のスター候補とも言われています。ただしマイラーズCの舞台(京都芝1600m)では、デビュー以来25戦0勝と一度も勝っていません。単に相性が悪いだけなのか、苦手意識があるのか、どちらにしても本人はあまりいいイメージを持っていないはず。重賞ではまだ荷が重いと言わざるを得ません」(別の競馬誌ライター)

 ディープインパクト産駒のヴァンドギャルドにとって、京都マイル戦は最高の条件となるはずだが、このコース未勝利の鞍上が足かせとなってしまうのか。それとも岩田望騎手にとって当該コース初勝利が重賞初制覇となるのか。鞍上の“奮闘”が大きなカギを握っていそうだ。

JRA岩田望来「京都マイル」まだ未勝利……マイラーズC(G2)ヴァンドギャルドで重賞初制覇の大チャンスものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!