NEW

JRA「まだG2ムードかな」インディチャンプ最終追い切りバテバテ……「想定外」マイラーズC参戦も陣営の辛い事情

【この記事のキーワード】,

JRA「まだG2ムードかな」インディチャンプ最終追い切りバテバテ……「想定外」マイラーズC参戦も陣営の辛い事情の画像1

 26日、京都競馬場でマイラーズC(G2)が開催される。今年の始動戦の中山記念(G2)で4着のインディチャンプ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が得意のマイル条件で巻き返しを図る。

 前走は中団から終始インでレースを運び、最後の直線でしっかり伸びるも前との差は縮まらず4着に敗れた。だが1800m戦、斤量58キロ、馬体重プラス16キロと不安要素が多かったことを考えれば、健闘に値する内容といえるだろう。

 今回は得意のマイル戦に加えて叩き2走目となれば、やはりここでは昨年の春秋マイル王が格の違いを見せつけるはずだ。

 22日、栗東坂路コースでインディチャンプの最終追い切りが行われた。ダンビュライトと併せ馬で4ハロン50秒8、ラスト13秒6の時計を記録し、僚馬からクビ差遅れの最終調整となった。全体時計は早いが、最後はバテてしまっている。これは最初から12秒7-12秒5-12秒0と速いラップで飛ばしていったことを考えれば納得かもしれない。

 この内容に陣営は「しっかり負荷がかかりました。体に余裕があったので、このひと追いで締まってくれば」と話しており、最後の失速も想定済みのようだ。また併走相手に先着を許したことについても、ダンビュライトには体重の軽い松若風馬騎手が跨ったためと説明している。

 理由を聞けば納得できるかもしれないが、追い切り内容、余裕残しの馬体と聞くと不安は拭いきれない……。

「インディチャンプは3月末に帰厩したときには、馬体重が490キロ台でした。プラス16キロで出走した中山記念が478キロだったことを考えると、かなり絞らないといけない馬体です。これは当初のローテーションが影響しているかもしれません。

 昨年末にインディチャンプが香港遠征した際は、2日前検量で前走から馬体重が10キロ減っていました。レースは出遅れが響いて7着に敗れましたが、馬体の輸送減りも影響していたかもしれません。

 当初は4月に香港遠征を当初予定していたため、輸送で体重が減ることを想定して放牧に出されたと思われます。しかし、新型コロナウイルスの影響で遠征は中止になり、急遽同日開催のマイラーズCに参戦することになりました。そのため、仕上げがぎりぎりになってしまったと思われます」(競馬記者)

 実際に最終追い切り以前に、陣営は「先々週は物足りなかったけど先週ぐらいからだいぶ盛り返してきた。でもまだ、G2ムードかな」と話しており、インディチャンプの仕上がりに疑いを持ってしまう。

 果たしてレース当日、インディチャンプは万全の態勢に仕上がっているだろうか。当日の馬体重には注意が必要かもしれない。

JRA「まだG2ムードかな」インディチャンプ最終追い切りバテバテ……「想定外」マイラーズC参戦も陣営の辛い事情のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は