NEW

JRA福島牝馬S(G3)馬券的中のカギは土曜開催!? 「ポルカ・アンジュ買い&サラキア消し」驚きの理由とは

【この記事のキーワード】,
JRA福島牝馬S(G3)馬券的中のカギは土曜開催!? 「ポルカ・アンジュ買い&サラキア消し」驚きの理由とはの画像1
サラキア 競馬つらつらより

 25日、福島競馬場ではヴィクトリアマイル(G1)の前哨戦、福島牝馬S(G3)が行われる。レース当日の25日午前11時時点で人気上位4頭が単勝オッズ10倍を切っている。

 1番人気が濃厚なのは、重賞未勝利ながら通算「4-2-2-1」と抜群の安定感を誇るエスポワール(牝4歳、栗東・角居勝彦厩舎)。以下、昨年のこのレースを制したデンコウアンジュ(牝7歳、栗東・荒川義之厩舎)、先週の皐月賞で2着に入ったサリオスの半姉サラキア(牝5歳、栗東・池添学厩舎)、前走の中山牝馬S(G3)で重賞初勝利を飾ったフェアリーポルカ(牝4歳、栗東・西村真幸厩舎)が続く。

 5番人気以下のオッズを見ても、この4頭がやや抜けた存在であることは間違いないだろう。人気馬の中ではデンコウアンジュとフェアリーポルカに食指が動く。

 その理由は福島牝馬Sが“土曜開催”だからだ。どういうことか。2頭の曜日別通算成績を見れば一目瞭然だ。

【デンコウアンジュ曜日別成績】
土曜日「4-0-3-11」
日曜日「0-1-0-13」
火曜日「0-0-0-1」

【フェアリーポルカ曜日別成績】
金曜日「1-0-0-0」
土曜日「2-1-1-1」
日曜日「0-0-0-3」

 デンコウアンジュは4勝全てを土曜日に挙げ、複勝率は土曜日の38.9%に対し、日曜日は7.1%と雲泥の差がある。フェアリーポルカはレース数がまだ少ないが、日曜競馬では3戦すべて馬券圏外に敗れ、好走は金曜日と土曜日に集中している。

 これだけの差が出る理由は2つある。1つ目は、土曜日に比べ、日曜日に格式の高いレースが多く行われるからだ。例えばフェアリーポルカの場合、日曜日に走った3戦のうち2戦はG1レースだった。G1ではワンパンチ足りない馬は日曜日の成績が悪くなる傾向にあることは間違いないだろう。

 2つ目の理由が最終追い切りからレースの間隔の違いだ。通常土日のどちらのレースに出走する場合も、水曜日に最終追い切りが行われることが多い。土曜日のレースに出走する場合、最終追い切りから中2日で、日曜日に出走なら中3日でレースを迎えることになる。この1日の差が土日の得手不得手に表れている可能性が考えられる。

 人気の一角、サラキアの曜日別成績にも触れておこう。

【サラキア曜日別成績】
土曜日「0-0-0-4」
日曜日「2-3-0₋4」
月曜日「0-0-1-0」

 サラキアは他の2頭とは正反対で土曜日のレースは4戦全敗。逆に連対した5レースはすべて日曜日だった。つまり、サラキアは最終追い切りから間隔を空けたほうがいいタイプといえる。

 最後に1番人気が予想されるエスポワールはというと……。

【エスポワール曜日別成績】
土曜日「2-2-1-0」
日曜日「2-0-1-1」

 エスポワールにとって曜日はあまり関係なく、その安定感から今回も好走は必至といえるだろう。

「土曜競馬に強い馬と弱い馬」という観点から、エスポワール、デンコウアンジュ、フェアリーポルカの3頭が好走する確率は高く、サラキアが人気を裏切る可能性が高いのではないだろうか。上位人気4頭の明暗は分かれてしまうのだろうか。

JRA福島牝馬S(G3)馬券的中のカギは土曜開催!? 「ポルカ・アンジュ買い&サラキア消し」驚きの理由とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと