NEW

JRAデアリングタクト中心に完成した「包囲網」!? オークス(G1)は“マイネル軍団”が「6連覇中」社台軍団を完封か

JRAデアリングタクト中心に完成した包囲網!? オークス(G1)はマイネル軍団が「6連覇中」社台軍団を完封かの画像1

 またまた“マイネル軍団”だ。

 26日、東京競馬場で行われたフローラS(G2)は、4番人気のウインマリリン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)が優勝。約1カ月後のオークス(G1)へ大きく名乗りを上げた。なお、鞍上の横山武史騎手にとっても、これがJRA重賞初勝利。人馬共に大きな1勝となった。

 その一方、今年の3歳牝馬クラシック戦線で大きな脚光を浴びているのが、ウインマリリンらが所属する“マイネル軍団”だ。

 先日の桜花賞(G1)を無敗のまま圧勝し、今年の3歳牝馬クラシック戦線の大本命に躍り出たデアリングタクト。早くもアーモンドアイ以来、史上6頭目となる「牝馬三冠」の声も高まっている大物は、ノルマンディーサラブレッドレーシングにとっても初のG1馬となった。

 実は、この「ノルマンディー」の代表・岡田将一氏は、ビッグレッドファーム、サラブレッドクラブ・ラフィアンを設立した“マイネル軍団”の総帥・岡田繁幸氏の孫。桜花賞では、その繁幸氏の所有馬スマイルカナが3着に粘っており、軍団のワン・スリーという結果だった。

 さらに桜花賞同日に行われた忘れな草賞(L)も、昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーなどが勝ち馬に名を連ねるオークスに関連性の高いレース。それを制したのも、岡田繁幸氏の三男・義広氏が代表を務めるウインレーシングクラブ所属のウインマイティーだというから驚きだ。

「昨今、競馬の根幹となるクラシックと言えば、ノーザンファームを所有する社台系の独壇場でした。実際にオークスは、社台系生産馬が6連覇中。日本ダービー(G1)もここ5年で4勝と、その実績は圧倒的です。

 しかし、今年はノースヒルズ生産のコントレイルが皐月賞(G1)を圧勝し、牡馬クラシックの大本命に挙げられていますし、昨年のダービーを勝ったのも飛野牧場のロジャーバローズ。今年の牝馬クラシックではマイネルの関係馬が気を吐いていますし、“流れ”が変わりつつあるのかもしれません」(競馬記者)

「前、前で残すこの仔には向いていたと思う。オークスに向けて、より一層、気を引き締めて臨みたいです」

 トライアルを制し、嬉しい初重賞となった横山武騎手は相棒ウインマリリンと共に、今度はオークスで初のG1制覇を目指す。

 日本ダービー挑戦の可能性を示唆しているものの、桜花賞馬デアリングタクトもオークスが本線。現在、社台系生産馬が6連覇中のオークスだが、今年は桜花賞で3着に粘って優先出走権を獲得したスマイルカナ、忘れな草賞を勝ったウインマイティーを加え、実力馬4頭の共演による“マイネル軍団”の包囲網が敷かれそうだ。

JRAデアリングタクト中心に完成した「包囲網」!? オークス(G1)は“マイネル軍団”が「6連覇中」社台軍団を完封かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!