NEW

パチンコ「ロング時短」が「500回転」消化で発動!ヒットメーカー最新作!!【新台分析―パチンコ編―】

【この記事のキーワード】

, , ,

 パチンコにおける「技術上の規格解釈基準」の改正により、搭載が可能になった新機能「遊タイム」。

 発動の条件は大当り確率の分母2.5倍から3倍以下と定められている。大当りが保証されるわけではないが、「期待が高まる長い時短」に突入するというシステムだ。

 そんな注目の「遊タイム」搭載機を、業界のリーディングカンパニーSANKYOが発表。人気シリーズ最新作が、かつてない“魅力”を提供する。

『Pフィーバー真花月2 夜桜バージョン』

パチンコ「ロング時短」が「500回転」消化で発動!ヒットメーカー最新作!!【新台分析―パチンコ編―】の画像1
SANKYO HPより

■大当り確率:1/199.8(1/79.8)
■ST回数:100回
■確変突入率:100%
■確変継続率:約72%
■時短回数:通常時に規定回数消化で突入
■ラウンド(カウント):10R or 6R or 3R(10C)
■賞球数:3 & 1 & 4 & 12
■出玉:1200発 or 720発 or 360発
〇〇〇

『フィーバー花月』シリーズ最新作が「遊タイム」を有した仕様で登場。大当り確率1/199.8のライトミドルスペックで、大当り終了後は例外なくST100回の確変へと突入する。

 確変中の大当り確率は1/79.8。ST継続率は約72%だ。ST中は1~30回転までが「夜桜ゾーン」、31~100回転までは「高確ゾーン」とステージが変化。夜桜ゾーンに、専用演出が多数用意されている点もポイントだ。

 最大の特徴「遊タイム」へは通常遊技「500回転」消化で突入。規定回数が近付くとカウントダウンが発生し、カウントがゼロになるとチャンスタイムと銘打たれた「759回転」のロング時短がスタートする。大ハマリ台は絶好の狙い目となりそうである。

 シリーズを踏襲しつつも新要素が追加された仕上がり。「遊タイム」搭載で復活する“名機”が、どのような評価を得られるかに注目したい。

パチンコ「ロング時短」が「500回転」消化で発動!ヒットメーカー最新作!!【新台分析―パチンコ編―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!