NEW

JRA天皇賞・春(G1)横山典弘「3度」の伝説! 待望ゴールドシップ、口笛7馬身イングランディーレ、下剋上サクラローレル

【この記事のキーワード】

, ,

JRA天皇賞・春(G1)横山典弘「3度」の伝説! 待望ゴールドシップ、口笛7馬身イングランディーレ、下剋上サクラローレルの画像1

 今週5月3日に行なわれる天皇賞・春(G1)にミッキースワロー(牡6歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が出走してくる。初G1奪取に燃える陣営に力を貸すのは、横山典弘騎手だ。

 横山典騎手といえば、天皇賞・春3勝を誇る名手。だが、その3勝はどれも「劇的」だ。

 その中でも特に、人馬ともに記憶に残る春の天皇賞は、やはり2015年のゴールドシップだろう。

「ゴールドシップは、2013年に初挑戦。内田博幸騎手の手綱で1番人気の5着。2014年はオーストラリアのトップジョッキー、クレイグ・ウィリアムズ騎手が騎乗し、2番人気で7着。菊花賞馬でありながら、天皇賞・春では2年連続で不甲斐ない敗戦が続いていただけに、名手・横山典騎手がどう乗るのか注目が集まっていました」(競馬記者)

 2015年、その手綱は横山典騎手に託された。前年、宝塚記念でゴールドシップに騎乗し優勝しており、フランスG1の凱旋門賞にも出走(14着)。ゴールドシップのことは熟知していたジョッキーだ。

「天皇賞・春を勝つためにネックなのは、ゴールドシップの出遅れ癖です。そこで横山典騎手はゴールドシップに対して調教時、走ることを強要するのではなく『お願いする立場で接していた』と言っていました。

 気分を害さなければ、うまくゲートを出て最高のパフォーマンスを見せることができる――。非常にプライドの高い馬を横山典騎手は尊重していたのでしょう」(同)

 レース当日、ダービー馬のキズナ、後に天皇賞・秋を勝ったラブリーデイ等、錚々たるメンバーが揃う輪乗りの中、横山典騎手はゴールドシップを一番最後に輪の中に入れた。

 なかなかゲートインしないゴールドシップに横山典騎手は『行こう、行こう』と優しく声を掛けた。とにかく気分を損ねないようにエスコートに徹したのだ。

 2周目のバックストレッチに入った時、最後方のゴールドシップに鞭を入れて、外から捲って行った。早仕掛けにも見えたゴールドシップの捲りが、結果的に功を奏した。

 闘志を剥き出しにしたゴールドシップは、ゴール前でカレンミロティックを捉え、猛追してきたフェイムゲームを振り切り、見事に天皇賞・春を制したのだ。

「いつもは僕の方から馬に『お願い』をするんですけど、今回は僕の方からゲキを飛ばしていきました」

JRA天皇賞・春(G1)横山典弘「3度」の伝説! 待望ゴールドシップ、口笛7馬身イングランディーレ、下剋上サクラローレルのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!