NEW

甘デジ「最強クラス」の出玉性能!「賞球1個戻し」が実現する「強バージョン」はマジで強い!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「最強クラス」の出玉性能!「賞球1個戻し」が実現する「強バージョン」はマジで強い!!の画像1

 私の心の卑しさゆえに、本来の意味とは違ったふうに感じてしまう言葉というのがいくつかある。中学生くらいになると、マラカス、と意味もなく言ってみたり、マチュピチュ、を地図で探してみたり、フェラーリを愛好してみたり。

 もちろん、どの分野どのジャンルにも同類のタイトルが存在するものであるが、パチンコにおけるそれ系の巨頭が『CRギンギラパラダイス』であろう。

 今回紹介する甘デジは『CRギンギラパラダイス情熱カーニバル』の強バージョンである。もう白發中が揃った役満級のタイトルであるが、このマシンは名前同等のインパクトを私に残したのである。

 もともとこの『ギンギラパラダイス 情熱カーニバル』は大当り確率1/399.6、通称マックスタイプのV-ST機として登場したのであるが、内規変更によりヘソ賞球の1個戻しが認められたことを受け、これを「強バージョン」として売り出したのである。

 スタートチャッカーへの入賞時に与えられる賞球を最低値にすることで、球持ちが悪くなり投資スピードがアップするが、その分出玉や継続率を高く設計できるというわけである。

 この特性を利用した「強バージョン」は本当に強かったのである。

『ギンパラ情熱カーニバル』においては、大当り確率が1/259のローミドルバージョンと大当り確率の1/99.9の甘デジバージョンの2タイプあったのだが、刺さった時の出玉感が強烈であった。

 前者は右打ち中の16R比率が7割にも及ぶ。さらにSTのループ率が約75%なのでミドルタイプに匹敵する瞬発力によって瞬く間に大量出玉を獲得するに至る。まるでアマゾン川のピラニアを思わせる強暴性である。

 甘デジはさらに狂暴で、ST継続率約80.1%の連撃性と大当りの20%が16Rという破格の出玉感によって、ひとつ上、ふたつ上のランクに比肩する出玉を吐き出してくれるのである。

 80%の平均連チャン率は5連。ラウンド振り分けが確率通りだったとして、内訳は4R2回、8R2回、16R1回。トータルで約2500発となるのである。間違いなく甘デジ最強クラスの出玉性能である。

甘デジ「最強クラス」の出玉性能!「賞球1個戻し」が実現する「強バージョン」はマジで強い!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事