NEW

パチンコ「鬼速・最強システム」へ期待の声!「500回転ハマリ」で「歓喜のシステム」発動!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ「鬼速・最強システム」へ期待の声!「500回転ハマリ」で「歓喜のシステム」発動!!の画像1


 2020年も続々と新機種が発表されているパチンコ。業界を代表する人気コンテンツや、話題の新システム「遊タイム」搭載マシンなど種類は様々だ。

 サンセイR&Dは看板機種『牙狼』シリーズ最新作を発売。『P10カウントチャージ絶狼』は、1セット約148秒という高速消化を実現した。

 右打ち時の大当りはALL1500発、継続率は約77%と「大量出玉」に期待できる仕様。「時速約3万発」と評される仕上がりに期待の声が続出した。

 業界のリーディングカンパニーSANKYOが誇る「革命機」も始動。ファン待望の最新作『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』は1種2種混合タイプ、大当り確率約1/199.8というスペックで登場だ。

 連チャンモード「シンフォギアチャンスGX」は、突入率が51.2%で継続率82%と前作以上の連チャンも期待できる仕様。前作を踏襲しつつも進化を遂げた最新作は、目玉機種の1台となりそうだ。

 ヒットメーカーSANYOの『P大工の源さん 超韋駄天』も注目度は高い。RUSH継続中が時短変動約1秒、平均3.5秒という驚異的な連チャンを可能にした。「現行機トップレベル」と呼ぶに相応しい出玉スピードへ熱視線が注がれている。

 新時短システム搭載機への反響も当然ながら大きい。従来のパチンコになかった要素が見込める「遊タイム」。市場を活性化させる起爆剤として期待されている。

 各メーカーが人気機種に用いていることもあり、期待の声は日に日に高まっている印象だ。パチンコの「新たな可能性」を感じさせて欲しいところだが……。

 そんな遊タイムを採用した機種の中でも注目度が高いのは、名物メーカーが誇る「キラーコンテンツ」だ。根強いファンを持つシリーズ最新作が、「最強システム」を搭載し降臨する。

パチンコ「鬼速・最強システム」へ期待の声!「500回転ハマリ」で「歓喜のシステム」発動!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事