NEW

JRA L.ヒューイットソン「日本バラエティー界」進出の前に一仕事!? 青葉賞(G2)オーソリティで『炎の体育会TVSP』に花添える?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA  L.ヒューイットソン「日本バラエティー界」進出の前に一仕事!? 青葉賞(G2)オーソリティで『炎の体育会TVSP』に花添える?の画像1

 今週5月2日に行なわれる青葉賞(G2)に出走するオーソリティ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)に、3月から短期免許で来日しているL.ヒューイットソン騎手が騎乗する。

 今年22歳にして初の日本参戦となったヒューイットソン騎手。見習い騎手ながらも南アフリカでG1を6勝し、地区リーディングを2度獲るという実績を引っ提げて日本にやってきたが、ここまで14勝。『スポーツ報知』の取材に「勝利数に満足はしていない。もっと勝てたと思う」と話しており、歯痒い結果となったようだ。

 そんなヒューイットソン騎手も、いよいよ今週が短期免許ラストウィーク。それだけに青葉賞のオーソリティでは是が非でも“置き土産”を残したいところだ。

 ただ、ヒューイットソン騎手が燃えているのは、それだけが理由ではないという。

「実はヒューイットソン騎手は、青葉賞の翌週9日の夜に放送される人気番組のTBSテレビ『炎の体育会TVSP』に地方若手騎手2人と、川崎競馬で騎乗していた“美人すぎるジョッキー”ミカエル・ミシェル騎手の4人で『次世代ジョッキー軍』を結成し、出演することになっています。

彼もイケメンなので間違いなく注目されるでしょうし、その“前哨戦”となりそうな青葉賞で、2勝目となる重賞勝ちの箔を付けておきたいでしょうね」(競馬記者)

 3月の来日当初から「南アフリカの若き天才」として鳴り物入りでの日本デビューとなったヒューイットソン騎手。しかし、なかなか思うように結果が出ず、日本競馬の壁にぶち当たっている印象だった。

 そんな時に心の支えの1つとなったのが『炎の体育会TVSP』の出演オファーだった。

 またとない“日本の文化”に触れる機会を得て気を良くしたのか、3月22日のスプリングS(G2)では6番人気のガロアクリークで重賞初制覇。距離が不安視されていた本番の皐月賞(G1)でも、巧みな手綱さばきで3着と大いに存在感を発揮している。

 3月下旬の収録では、ロデオや木馬などを使った番組オリジナル競技を3つ行ない、過去の最高記録に挑戦するという企画。MCとのトークで次第にリラックスすると、競技で真剣にチャレンジし、大いに番組を盛り上げたようだ。

 先週のフローラS(G2)でも5番人気フアナで追い込んで3着を確保するなど、上り調子だけに帰国が惜しまれるが、本人は「この2か月間は、僕にとって素晴らしい経験になった」と大きな手応えをつかんだ。

 また初の日本参戦は、新型コロナウイルスの影響によりすべて無観客競馬だったが「来年また来日する時、ファンの前で乗るのが楽しみになったよ」とあくまで前向きだ。

 22歳の若武者の日本ファーストシーズンは「挫折」と言えるかもしれない。しかし、失敗にこそ大きな糧があるのが世の常だ。集大成となる今週、ヒューイットソン騎手は前評判通りの輝きを見せることができるか。まずは青葉賞で初の“バラエティー界”進出に花を添えたい。

JRA L.ヒューイットソン「日本バラエティー界」進出の前に一仕事!? 青葉賞(G2)オーソリティで『炎の体育会TVSP』に花添える?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!