NEW

パチンコ店が「休業の今こそ家スロ」!? 購入前に「知っておくべき事」とは

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店が「休業の今こそ家スロ」!? 購入前に「知っておくべき事」とはの画像1

 不要不急の外出自粛要請により、大半のホールが休業中。パチンコ・パチスロファンは当サイトのようなWebメディア、雑誌や動画で打ちたい欲求を抑えていることだろうが、それでも欲求が収まらないのか、むしろ逆に欲求が高まってしまうのか、どうやら家スロが流行り始めているそうだ。

 家スロとは、要するに中古パチスロ機を購入して自宅で楽しむこと。今では中古業者のみならずフリマアプリの普及などで気軽に入手することができ、その値段も1万円前後とリーズナブルなマシンも多い。

 好きなパチスロを好きな時に好きなだけ打てる。設定は思うがままに変えられるし、何ならお酒を飲みながらでもレバーを叩ける。ファンにとって、それは理想的な環境ともいえるが、ひとまず深呼吸。家スロを始めてみようという方々には、下記の事項を読んでいただきたいのである。

 まず、パチスロの筐体は意外にデカくて重たい。ホールにズラリと並べられていると気が付かないものだが、自宅に置くと、そのデカさに驚くこと必至。「インテリア」などという発想で片付けられるものではなく、保管にはそれなりの場所を確保する必要がある。

 ホールで気が付かない点としては、音のデカさについてもあげられる。音量調節の付いたマシンであれば消音できるし、そうでないマシンであってもスピーカーとの接続を遮断すればノーサウンドに切り替えられる。

 ジャラジャラと鳴り響くコインの払い出しに関してもコインレス仕様にすれば解決できるが、そもそもリールの回転音がデカいのである。

 昨今のマシンは回転がスムーズとはいえ、そこそこの振動もあり、マンションやアパートにお住いの方々はそういった配慮も必要だ。

 また、これが最大の盲点でもあるのだが、「リーチ目を全て拝んでやろう」とか「攻略の糸口をつかんでやろう」などと考えるよほどのマニアでない限り、家スロは数日で飽きる。

「安いから」といった理由だけでさほど思い入れのないマシンを購入した場合などはなおさらであるから、購入の際はしっかりと吟味すべきである。無論、飽きてしまって手放す際は、かなりの費用を要することもお忘れなく。

 早い話が家スロには様々なリスクがあり、家庭持ちならばパートナー等の理解も得なければならない。それを補って余りある愛があるならば、存分に家スロを楽しんでいただきたい。 

パチンコ店が「休業の今こそ家スロ」!? 購入前に「知っておくべき事」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事