NEW

パチンコ「革命システム」戦国時代が到来!「ビッグコンテンツ」の参戦も実現!?

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ「革命システム」戦国時代が到来!「ビッグコンテンツ」の参戦も実現!?の画像1


 パチンコ分野に新たな風を呼び込む新機能「遊タイム」。それは“革命”と言っても過言ではないシステムだ。

 熱視線を浴びる「遊タイム」は、規定回転数を消化すると発動する時短システム。パチスロの「天井」に似たものとして認識されているが、必ずしも大当りが確約されるものではない。

 しかしながら「救済的なシステム」として、歓迎されそうな気配である。ゲーム性を拡大させることが可能な「遊タイム」への期待は非常に高い。

 この新機能を有したマシンは続々と発表されている。SANKYOの『Pフィーバー真花月2 夜桜バージョン』は、通常時「500回転」消化で「759回転」のロング時短がスタートする仕様だ。

 京楽産業.の新機種『P仮面ライダー轟音』は、低確率「950回転」消化で発動。到達後は「時短1200回」が約束されるという強力な性能を実現した。

「もちろん1200回転スルーする可能性もゼロではありませんが、その間に当る確率は驚愕の『約98%』ですからね。事実上の天井機能と言ってもいいでしょう。右打ち時の1500発比率は80%、ST継続率は約83%と出玉性能も魅力的です。

遊タイムを採用することによって『出玉性能に影響が出るのでは?』といった声もありましたが、不安を払拭できているのではないでしょうか。納得できるスペックだと思います。相当なポテンシャルを秘めた仕上がりですよ」(パチンコ記者)

「その旧(ふる)い時短で、戦うつもりか!?」と宣言する『P仮面ライダー轟音』。パチンコの今後へ、大きな影響を与えそうな気配である。ホールで実戦できる日を、楽しみに待ちたいところだ。

 他にも注目機種は存在する。藤商事のヒットシリーズ最新作『Pリング 呪いの七日間2』も話題の1台だ。公開されているPVでは「ST終了後時短884」「遊タイム1214」といった情報を確認することができる。

 今後も続々と発表されそうな「遊タイム」搭載マシン。その候補として、様々な機種の名があがっているが……。

パチンコ「革命システム」戦国時代が到来!「ビッグコンテンツ」の参戦も実現!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事