NEW

パチンコ「遊タイム」に歓喜の発見!? 実は「天井以外の仕様の方がアツいかも」説!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「遊タイム」に歓喜の発見!? 実は「天井以外の仕様の方がアツいかも」説!!の画像1

 これまでさまざまな記事で現金時短機についての愛を語ってきたので、当然「遊タイム」の第一報を聞いた時は震えましたよ。

 ただ、「パチンコに天井」と言われても最初は誤報か飛ばしネタ、最大限にゆるい解釈を加えるか、アクロバットな論法でしか成立しないようなものを大々的に報じているくらいに考えてはいましたが。

 ところがこれがマジだった。パチンコの有り様を根本から変えるくらいの大事件ですよ。パチンコといえば青天井が当り前。ミドルタイプなら1000回転ハマリなんて日常茶飯事で、2000回転オーバーも散見されます。

 私のパチンコにおける最深ハマリは1400台だと記憶しています。引き弱な町男にとってハマリは死と同じ程度にそばにいる存在ですが、そこへきての「遊タイム」。精神を根こそぎ削ってくるハマリからの解放は、地下労働施設から出られた時のカイジくらいの嬉しさです。

 そういった意味でもやはり「遊タイム」は画期的なことですが、遊タイム=天井みたいな風潮が先行しているのも気にかかります。

 規則の解釈基準の一部変更によって実現できる機能には大きく3つあり、そのひとつがいわゆる「天井」のような性質を持っていることはみなさんご承知のとおり。では、ほかの2つについての詳細って知ってますか? 

遊タイム」にかすんであまり意識してない方も多いかも知れませんので、おさらいしましょう。

 遊タイム以外の時短における新機能、まずは「上限100回転の撤廃」です。
 これまで、時短は100回転以内に限定されていました。100回転以内ならどんな振り分けでも構いませんが、超えることは許されない。電サポが100回転以上続く場合は、それがどんな見た目であれ内部的には「確変」です。

 したがって、さまざまな制約や条件などを勘案しながらシステムを構築しないといけないので、かつてのような私が愛好した時短機を作るのは端的にいえば面倒くさいし、その煩わしさを払拭できるほどのニーズがないのでメーカーも作らなかったと思います。

 しかし、これからは簡単に時短を中心にしたスペックを作れるので、「時短機」というジャンルが復活するのではないかと期待するところです。むろん『マジカルチェイサー』のような名機復活もありえるでしょう。

パチンコ「遊タイム」に歓喜の発見!? 実は「天井以外の仕様の方がアツいかも」説!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!