NEW

JRA武豊「イナリワンは引っかかるだけでしたが」天皇賞・春(G1)「大出遅れ」キセキで逃げる可能性は……

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「イナリワンは引っかかるだけでしたが」天皇賞・春(G1)「大出遅れ」キセキで逃げる可能性は……の画像1

 30日、今週の日曜日に京都競馬場で開催される天皇賞・春(G1)の枠順が発表された。武豊騎手との初コンビで挑戦するキセキ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)は5枠8番からの発走となる。

 前走の阪神大賞典(G2)ではゲートを出ようとせず、スタートで大きく出遅れたキセキ。その後も折り合いを欠いて、最後はスタミナ切れで7着に敗れてしまった。その後、15日に行われた発走調教再審査に無事合格。天皇賞・春でのリベンジを図る。

「前走は出遅れたにもかかわらず、1周目のスタンド前では先頭集団にとりつきに行くチグハグな競馬。レースに参加していないも同然の内容でした。

 今回、後入れの偶数枠を引き当てたことで、スタートが不安な陣営としてはホッとしているのではないでしょうか。スタートが決まらないことには、作戦もあったもんじゃないですからね」(競馬記者)

 偶数枠もキセキにとって好材料だが、最も援護射撃となるのは鞍上の武豊騎手だろう。

 天皇賞・春で最多の8勝をしている武豊騎手は、「平成の盾男」の異名を持つほど長距離レースを得意としている。そして何より“癖”のある馬でのこれまでの実績が心強い。

 悲運の快速馬サイレンススズカがその1頭だ。「遅れてきたサンデーサイレンスの大物」とまで期待されていたが、弥生賞(G2)ではゲートをくぐるなど気性難が目立ち、実力が発揮できずクラシック戦線は不発に終わった。だが、武豊騎手が手綱を取ってから、その実力を発揮して大活躍。サイレンススズカのリズムを大切にした騎乗が効果てきめんだったのだ。

 またエイシンヒカリもその1頭だろう。アイルランドT(OP)では東京競馬場の直線コースギリギリの大外までよれながらも勝利した癖のある馬だ。その後、武豊騎手が手綱を取ってからはその癖は封印され、香港C(G1)、イスパーン賞(G1)と海外G1を2勝するなど、さらなる活躍をみせた。

 レジェンド武豊騎手にとって、くせ者の手綱さばきはお手の物と言ったところだろうか。

JRA武豊「イナリワンは引っかかるだけでしたが」天皇賞・春(G1)「大出遅れ」キセキで逃げる可能性は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  3. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  4. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  5. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  9. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  10. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」