NEW

JRA青葉賞(G2)オーソリティを完全スルー! ハイレベルな「現場情報」から見出した「勝負馬」で負のループからの脱却を誓う!!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA青葉賞(G2)オーソリティを完全スルー! ハイレベルな「現場情報」から見出した「勝負馬」で負のループからの脱却を誓う!!の画像1

 今週「現場の声を重視するブロディN」が挑むのは、2日に開催される日本ダービー(G1)トライアル「青葉賞(G2)」。関係者から入手した「極秘ネタ」で完全的中を狙いたい、のだが……。

 ハッキリ言って今年は不調だ。本命を軽視すれば優勝、かと言って重要視して軸にすると今度は馬券圏外……。やることなすこと裏目。編集部からは序盤こそ「逆神様!」などと冗談半分に揶揄されていたが、今ではこちらをイジってくるスタッフすらいなくなった。崖っぷちだ。追い込まれている。この原稿を書いている今も気が重い。会心の的中を果たし、一刻も早くこの空気を変えたい!!

 そんななか、今回「◎」に選んだのは、フィリオアレグロ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 前走の共同通信杯(G3)では、武豊騎手のマイラプソディに次いで2番人気に支持されるも3着。最後の直線では外からじわじわと伸びたものの、先に抜け出した2頭には届かなかった。

 その後はここを目標に乗り込まれてきた。今回、手綱を任されることになったD.レーン騎手を背に、稽古でも軽やかな動きを見せている。

「1週前にしっかり追って仕上がりは順調。最終追い切りまではいいペースで進んでいるようです。スタッフによれば、『まだ毛艶を見る限りでは良化の余地がある』とのことですが、それでも『身のこなしはシャープですし、前進気勢も見られます』と仕上がりも上々だと教えてくれました。

 管理する堀師も『まだ幼い面があってゲートの出がいまひとつ』と明かすも、『能力はありますよ』とポテンシャルの高さを強調していました。潜在能力を開花させて、ダービーにつなげてもらいたいです」(美浦関係者)

「〇」にはヴァルコス(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)を指名した。

 これまでイマイチな競馬が続いていたが、前走のゆきやなぎ賞(1勝クラス)で試した距離延長がドンピシャ。中団追走から早めに仕掛けると、外から上がり最速の脚を使い、2着に2馬身差をつけて勝利。豊富なスタミナを見せつけた。

「スタッフも『距離を伸ばしたのがいい方向に転がった。道悪もこなしてくれたし、収穫の多いレースだった』と内容を評価していました。

 ただ今回は良馬場の東京競馬場が舞台。速い時計への対応が鍵になりますが、『2400mなら競馬はしやすい。能力的にはヒケを取りませんよ』と管理する友道師は強気でしたね。馬券圏内も十分ありえますよ」(栗東関係者)

JRA青葉賞(G2)オーソリティを完全スルー! ハイレベルな「現場情報」から見出した「勝負馬」で負のループからの脱却を誓う!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!