NEW

JRAルヴァンスレーヴは「パーフェクトな化け物」! かしわ記念(G1)M.デムーロ「絶賛」の愛馬で「背水の陣」……

JRAルヴァンスレーヴは「パーフェクトな化け物」! かしわ記念(G1)M.デムーロ「絶賛」の愛馬で「背水の陣」……の画像1

 ついにダート王者が長期休養期間から戻ってくる。

 5日、船橋競馬場でかしわ記念(G1)が開催される。ダートでは無敗のフェブラリーS(G1)勝ち馬モズアスコット参戦に注目が集まるが、それ以上に注目を集めているのは、かつてのダート最強馬ルヴァンスレーヴ(牡5歳、美浦・萩原清厩舎)の復帰だろう。

 2017年、デビューから無傷の3連勝で全日本2歳優駿(G1)を制したルヴァンスレーヴ。翌2018年の始動戦・伏竜S(OP)は主戦のM.デムーロ騎手が阪神競馬場で大阪杯(G1)騎乗ため、内田博幸騎手に乗り替わり。結果は残念ながら2着に敗れてしまった。

 その後はユニコーンS(G3)、ジャパンダートダービ(G1)と3歳ダート王決定戦を連勝し、世代No.1ダートホースの称号を獲得。ジャパンダートダービで2着に下したオメガパフュームはのちに18年、19年の東京大賞典(G1)、19年の帝王賞(G1)を制し、大井の交流G1を3連勝している。そんな大井の“帝王”に、ホームで唯一土をつけたのがルヴァンスレーヴなのだ。

 そして古馬初対戦となった南部杯(G1)では当時G1・2連勝中のゴールドドリームを撃破。その勢いでチャンピオンズC(G1)も優勝し、3歳ダートNo.1から現役ダートNo.1へと上り詰めていった。

 だが、ここから脚部不安との戦いが始まる。2019年の始動戦にフェブラリーS(G1)を予定していたが、左前脚に軽度の不安があったことを理由に回避。以降も帝王賞での復帰が発表されるも、再び脚部不安で回避となってしまい、なかなか復帰に至らなかった。

 そして前走のチャンピオンズCから1年半……。ついに、かしわ記念で待望の復帰が実現する。

「久々の分、不安もありますが、楽しみのほうが大きいですね。全日本2歳優駿を勝利したときにはデムーロ騎手が『(ケンタッキーダービーに)勝ちたいね。行きたいね』と言っていたほどの素質馬です。

 また4歳ダート王のクリソベリルがサウジCで7着と不甲斐ない負け方をした一方で、モズアスコットの台頭もあり、現在のダート戦線は混迷を極めています。その中でルヴァンスレーヴ復帰はダート界を盛り上げること間違いなしですね」(競馬記者)

 実際に『netkeiba.com』に連載中のデムーロ騎手のコラムでは「パーフェクトな化け物ですね。今でも、この馬でケンタッキーダービーに行きたかったなぁと思います」とルヴァンスレーヴに最大の賛辞を送っている。

 デムーロ騎手とのコンビでは7戦7勝のルヴァンスレーヴ。まさに名コンビと言ったところだ。だが、かしわ記念は久々のルヴァンスレーヴよりも、デムーロ騎手にとって正念場になるかもしれない。

JRAルヴァンスレーヴは「パーフェクトな化け物」! かしわ記念(G1)M.デムーロ「絶賛」の愛馬で「背水の陣」……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合