NEW

パチンコ 「90% オーバー連チャン」の熱狂再び… 「牙狼」に並ぶ「巨塔」ついに「始動」⁉

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ 「90%オーバー連チャン」の熱狂再び…「牙狼」に並ぶ「巨塔」ついに「始動」⁉の画像1

 パチンコ業界では各メーカーに「看板版権」があり、それぞれ「メーカーの顔」としてホールに大きな影響を及ぼしてきた。

 その最たる例が、サンセイR& Dの『CR牙狼』である。本機はV入賞による大当りの連打で出玉を伸ばす1種2種混合機で、継続率約82% の連荘ゾーン「魔戒チャンス」でパチンコ業界に革命を起こした。

 後にシリーズ化し『CR牙狼 〜 RED REQUIEM〜 』、『CR牙狼魔戒閃騎鋼』と続いてリリース。いずれも旋風を巻き起こし、「牙狼シリーズ」の人気は不動のものとなった。

 4月20日にはスピンオフ作品『P10カウントチャージ絶狼』が導入開始。その仕様は「神速神撃ゼロSPEC」と銘打たれ、初代『CR牙狼』を超える出玉スピードを実現し、多くのパチンコファンから注目を集めている。

 大きな影響を及ぼしてきた機種といえば、ニューギンの「花の慶次シリーズ」も忘れてはならない。

 同シリーズは、2007年に初代『CR花の慶次- 雲のかなたに- 』の登場以来、11年間で累計販売数132万台を超える大人気シリーズとなった。

 その活躍はホールを超え、「花慶の日」をはじめとするイベントの開催や搭載曲のヒット、演劇の上演、コラボ製品開発など、多彩な展開をみせている。

 シリーズ最新作『P花の慶次~ 蓮』も上々の反響を得ることに成功。トータル継続率は約82% 、右打ち出玉は約71% が1500発の獲得が可能と超強力なスペックを実現し、ユーザーを熱狂の渦に巻き込んだ。

 このように各メーカーの「看板版権」は、パチンコ業界の「時代」を作り、ホールを盛り上げてきた「ヒーロー」といえる。

 そんな中、新たに「看板版権」開発の情報が浮上した。巨大メーカーの所有コンテンツとあり、関係者の間で期待の声が目立ち始めている。

パチンコ 「90% オーバー連チャン」の熱狂再び… 「牙狼」に並ぶ「巨塔」ついに「始動」⁉のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事