NEW

甘デジなのに「2400発」!「当りやすさ」と「強烈な出玉感」を持つマシンを振り返る!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジなのに「2400発」!「当りやすさ」と「強烈な出玉感」を持つマシンを振り返る!!の画像1

 ある時、TVショウに出ていた「ビッグボーナスよもぎだ」なる人物のリズムネタを見て腹抱えて笑っていたのだが、リズムネタの元祖ってなんだろうと考えてゲッツ!した答えが滋養強壮剤のCMであった。

 なんでだろ~。これは芸でもネタでもないし、普通に考えれば横山ホットブラザーズあたりだろうと思い至るが、インパクトやキャッチーさを旨とするリズムネタと根幹を共にするという意味では、気絶しそうな論理展開ではあるが、おもしろCMもリズムネタといえなくもない。

 そんなリズムネタにおいて近年もっともスターダムにのし上がったのがオリエンタルラジオではないだろうか。デビュー直後に大ブレイクを果たし、史上最速で冠番組を持つといったまさに「武勇伝」を作り上げたのである。もちろん売れない先輩や同期から「ちくしょ~」と妬まれただろう。

 ところで、甘デジにおいて「武勇伝」を誇ろうとすれば大概の場合、それはパンパンスパンと安直に“継続率”に行き着きがちである。しかし、そんな風潮の中でも圧倒的な出玉感に心血を注いだ機種が存在したのである。

『CR秘宝伝 秘められし時の鼓動 99ver.』は大当り確率が1/99.9であるのに、そんなの関係ねぇとばかりに16R×10カウント×15個賞球のフルカウント出玉、2400発の大当りを搭載しているのである。電サポ中なら12%がこの16R大当りに相当。その一撃性は最上級であることに異論はないはず。

 さらに本機は左に受け流す通常時の大当り、つまりヘソ抽選時でも6%の16R大当り振り分けを搭載しているのである。普通であれば、この6%が右打ち中に組み込まれ、その出玉感を押し出してもおかしくない。

 しかもせいぜい1200発~1500発といったほどのエクササーイズされた出玉であろう。本機の出玉感に対する意気込みがうかがいしれよう。

 しかし、この『CR秘宝伝 秘められし時の鼓動 99ver.』を遥かに上回る規模感の甘デジがセッツされていたのである。

 それが『CRダブルライディーンWAA』で、こちらも最大ラウンドとなる2400発の16R大当りが電チュー時ならなんと22%もの破格の割合で獲得できるのである。

 右ヒジ左ヒジならぬ右打ち左打ち交互に見ても、抜群の一発力を有しているのであるが、本機はさらにRUSHに突入すれば約70%の割合でループするという連チャン性も高いのである。その分、あたりまえ体操であるが、突破型とRUSH突入には若干の障壁が設けられ、右打ち中は3Rがメインとなる。

甘デジなのに「2400発」!「当りやすさ」と「強烈な出玉感」を持つマシンを振り返る!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事