NEW

JRA NHKマイルC(G1)ルフトシュトローム「世代6頭目の無敗G1馬」へ視界良好! D.レーン騎手「チャンスのある馬」重賞馬券率は驚愕の100%

JRA NHKマイルC(G1)ルフトシュトローム「世代6頭目の無敗G1馬」へ視界良好! D.レーン騎手「チャンスのある馬」重賞馬券率は驚愕の100%の画像1

 10日に開催されるNHKマイルC(G1)。桜花賞(G1)2着の2歳女王レシステンシア、朝日杯フューチュリティS(G1)2着、前哨戦のアーリントンC(G3)を快勝したタイセイビジョンら実績馬に割って、上位人気が予想されているのが、D.レーン騎手とコンビを組むルフトシュトローム(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 前走のニュージーランドT(G2)でルフトシュトロームは、出足がつかず後方からの競馬。4角で進出したものの、勢いが付きすぎたのか、出口で膨らみすぎて他馬と接触するトラブルもあった。だがこれらを物ともせずに上がり最速34秒2の脚を使い、先行勢を交わして優勝。無傷の3連勝で、NHKマイルCに挑戦することとなった。

「1週前追い切りではウッドコースの単走追いで、5ハロン71秒8、ラスト12秒5をマーク。軽やかな動きを見せてくれました。ここまで中山競馬場のマイルで3戦3勝。東京競馬場はNHKマイルCで初めて経験することになりますが、ルフトシュトロームを担当している森助手は『不器用なところがあるので、東京替わりはマイナスではない』と教えてくれました。

 ルフトシュトロームは全3戦で、上がり最速を記録するなど切れ味鋭い末脚が武器。そのため、最後の直線が長い府中にも対応できると考えているのでしょうね」(競馬記者)

 そしてそのルフトシュトロームの鞍上を務めるのは、今年も“旋風”を巻き起こしているレーン騎手。『ZBAT!競馬』のインタビューで、同馬の印象について聞かれると、「3戦3勝というのは簡単にできることじゃない。このようなステップを踏んでいるのはポテンシャルの高さがあるからこそ」と能力を評価。「まだチャレンジャーの立場だと思うが、チャンスのある馬であることは間違いないだろう」と上位進出に色気を見せている。

「今年の4月18日から日本で騎乗を開始したレーン騎手は3週で12勝をマーク。まだ重賞は勝っていませんが、3戦して2着2回3着1回と結果を残しています。そろそろ勝利が転がり込んでもおかしくないころです。

 またレーン騎手は昨年のNHKマイルCでは、グルーヴィットに騎乗して4番人気に支持されたものの、10着と大敗。レース後に『直線では前が壁になり、フルスピードを出せませんでした』と反省していました。このときの経験を糧に、ルフトシュトロームで上位進出を果たしてもらいたいですね」(競馬誌ライター)

 今まで現3歳世代が戦ったG1レースは5つ開催されているが、これらすべてを「無敗馬」が勝利している。まだ負け無しのルフトシュトロームにも、この法則に則り、無敗でNHKマイルCを制することが期待されている。

 レーン騎手の2020年JRA重賞初勝利はルフトシュトロームで達成!?

JRA NHKマイルC(G1)ルフトシュトローム「世代6頭目の無敗G1馬」へ視界良好! D.レーン騎手「チャンスのある馬」重賞馬券率は驚愕の100%のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!