NEW

JRAオーソリティ「日本ダービー」に黄色信号……青葉賞(G2)「ディープインパクト超え」レコード完勝の反動か

【この記事のキーワード】

, ,

JRAオーソリティ「日本ダービー」に黄色信号……青葉賞(G2)「ディープインパクト超え」レコード完勝の反動かの画像1

 6日、皐月賞(G1)で2着だったサリオスが、日本ダービー(G1)に向かうことが明らかになった。同馬が所属するシルクレーシングが公式ホームページで発表。なお、鞍上には引き続きD.レーン騎手が騎乗する見込みだ。

 今年の3歳クラシックは、未だ無敗の皐月賞馬コントレイルが中心。その大本命と壮絶な叩き合いを演じたサリオスの動向が注目されていただけに、これでますます熱戦が期待できそうだ。

 しかし、その一方同じシルクレーシングから残念なニュースが舞い込んできた。

「どうやら先日の青葉賞(G2)を勝ったオーソリティ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)が左前球節を捻挫した模様……。すでにノーザンファーム天栄へ放牧に出されているようです」(競馬記者)

 オーソリティといえば今年3月の弥生賞(G2)で3着し、皐月賞(G1)の優先出走権を得ながらも、陣営は日本ダービーを目標に定めて回避。2日の青葉賞(G2)を2:23.0という同レースのレコードで快勝し、ダービーの有力候補に名を連ねている。

「幸い捻挫ということで、現時点では回復具合を見て決めるとのこと。まだ日本ダービー回避が決定したわけではありません。

ただ、将来性のある馬ですし、今年のメンバーを鑑みても中途半端な状態では通用しないのは明らか。青葉賞の勝ち方も非常に能力を感じさせるものだっただけに、本番で見たい思いもありますが、難しい判断になりそうです」(同)

 青葉賞は1994年に重賞に昇格し、上位馬に日本ダービーへの優先出走権が与えられるようになった。しかし、それからすでに27回のレースが行われたが、未だダービー馬が生まれていない稀有なトライアルレースだ。

 その主な要因としては、前年までの青葉賞レコードが2017年にアドミラブルが記録した2:23.6であることに対して、日本ダービーは昨年のロジャーバローズが記録した2:22.6と、本番との大きなタイム差にあるといわれていた。

 その点、今年オーソリティが記録した2:23.0は、過去にディープインパクトやドゥラメンテらが日本ダービーを制した時計を上回っており、だからこそ大きく期待されているというわけだ。

 しかし、その「反動」は決して小さくはなかったようだ。世代でも指折りの実力馬であることは誰もが認めているだけに、オーソリティが無事に頂上決戦へ進めることを期待したい。

JRAオーソリティ「日本ダービー」に黄色信号……青葉賞(G2)「ディープインパクト超え」レコード完勝の反動かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!