NEW

JRA川田将雅・ダノン続々「乗り替わり」。プレミアムもスマッシュも……。状況打破はヴィクトリアマイル(G1)次第か!?

JRA川田将雅・ダノン続々「乗り替わり」。プレミアムもスマッシュも……。状況打破はヴィクトリアマイル(G1)次第か!?の画像1

 6日、今年の高松宮記念(G1)で10着だったダノンスマッシュ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)がD.レーン騎手との新コンビで京王杯SC(G2)に参戦することが明らかになった。

 これまでに重賞4勝で短距離界では欠かせない存在のダノンスマッシュ。今年の始動戦のオーシャンS(G3)では、タワーオブロンドンに昨年のスプリンターズS(G1)の雪辱を果たし、順調な滑り出しとなった。

 悲願のG1制覇に向けて、さらにダノンスマッシュに追い風が吹く。当初、主戦の川田騎手はドバイ遠征のため、高松宮記念では騎乗できないはずだった。しかし、ドバイの開催が中止となり、急遽本番でのコンビ再結成が実現したのだ。(当時の)直近1年の「川田騎手×安田隆厩舎」コンビでの成績は【5,5,6,6】と抜群の相性を誇っており、心強い相棒獲得に思われた。

 だが、レース本番でダノンスマッシュは直線で伸びを欠き10着に敗れてしまった。これまで国内の1200m戦で、一度も掲示板を外したことのない同馬にとって初の惨敗でもある。この結果に、川田騎手は「結果を出せずに申し訳ありません」と言葉少なめだった。

 そして、今回ダノンスマッシュは新たにオーストラリアの若武者を鞍上に迎えることになったようだ。

 これに加えて、ダノンプレミアムの安田記念(G1)参戦決定も川田騎手にとっては痛手だろう。

JRA川田将雅・ダノン続々「乗り替わり」。プレミアムもスマッシュも……。状況打破はヴィクトリアマイル(G1)次第か!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!