NEW

パチスロ6号機の「革命」間もなく⁉ 「英雄復活」に「期待」高まる【終息後の期待を高める「気になるウワサ」】

【この記事のキーワード】

, ,


 現在、各都道府県からの休業要請を受け、大半のホールが休業を余儀なくされている状況。パチンコ・ パチスロ情報サイト「でちゃう! PLUS」によれば、5月5日時点での休業割合は「98.7% 」に上るようだ。

 休業中にも地代家賃などの経費が発生するため、経営として危機的状況にあるホールも少なくない。幾度となくピンチを乗り越えてきた業界だけに、事情は異なるものの今回も期待したいが…。

 危機といえば、4号機から5号機へ移り変わるタイミングもパチスロ業界は大ピンチであった。当時、4号機の高い射幸性が問題視され、大幅な規制が入り、出玉性能が制限されることになったのである。

 それにより、パチスロユーザーの「ホール離れ」が発生し、ホールの経営を圧迫する事態に発展。正に「危機的状況」となったが…。

 この状況を救ったのは5号機の「名機」だった。

 2007年に登場したノーマルタイプ機『アイムジャグラーEX』は、シンプルなゲーム性と優秀なボーナス確率で多くのユーザーから支持を集め「パチスロのスタンダード」にまで成長した。

 RT・ART機では、サミーの『パチスロ スパイダーマン2』や、山佐の『パチスロ 戦国無双』が大ヒット。

 これらの機種は、RTをパンクさせる役を設け、それを回避することで延命する「リプパン外し」で大きな出玉の波を実現し、5号機人気の「火付け役」となった。

 そんな5号機「救世主」の復活を望む声も多い。『サンダーVライトニング』、『パチスロ 新鬼武者~ DAWN OF DREAMS~ 』などの復刻機ブームも加わり、その声は大きくなりそうな予感だが…。

 そんな中、5号機で旋風を巻き起こした「アノ機種」に動きがあった模様。人気作品のタイアップということもあり、関係者の間で期待が高まっている様子だ。

パチスロ6号機の「革命」間もなく⁉ 「英雄復活」に「期待」高まる【終息後の期待を高める「気になるウワサ」】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事