NEW

JRA NHKマイルカップ「苦労人」原田和真が悲願のG1制覇へ! プリンスリターン連敗中も「自分から動いて一番強い競馬している」

【この記事のキーワード】, ,

JRA  NHKマイルカップ「苦労人」原田和真が悲願のG1制覇へ! プリンスリターン連敗中も「自分から動いて一番強い競馬している」の画像1

「賞金が高いから、ジャパンCを勝ちたい――」

 今年9年目を迎えた原田和真騎手がルーキーの時、週刊『ブック』の「新人騎手紹介コーナー」で書いた目標である。「賞金が高いから」と前置きした理由は、自身の家が裕福でなかったために早く働きたかったことがジョッキーを目指すきっかけだったからだ。

 しかし、騎手デビューしてからなかなか芽が出ず、ジャパンC(G1)どころか、平地ではG1に出ることさえ難しい状況にあった。

そんな原田騎手が昨年1頭の馬に出会えたことで、運命が大きく変わってきたのだ。

 今週10日に東京で行なわれるNHKマイルC(G1)に出走予定のプリンスリターン(牡3、栗東・加用正厩舎)が、その馬だ。

 原田騎手がこの馬に出会ったのは昨年。函館に遠征したものの騎乗馬集めに苦労し、それを見かねた同じ美浦の松岡正海騎手が手を差し伸べた。それがきっかけで栗東の加用厩舎の調教を手伝うようになる。

 調教は主に2歳の若駒が中心で、その中にいたのがプリンスリターンだった。

「初めて調教した時から、プリンスリターンは良い馬だと感じていたようで、この馬の癖を直すことに取り組み、調教を工夫したり、ハミの交換、さらには歯を削ってみたりしたそうです」(競馬記者)

 そんな原田騎手の取り組む姿勢を見て松岡騎手は、調教師とオーナーに進言。プリンスリターンのデビュー戦に原田騎手の騎乗が決まる。

「人気馬に騎乗するC.ルメール騎手との叩き合いを制し、5番人気ながら新馬勝ち。このことは、原田騎手にとってかなりのアピールになり、自信に繋がったと思います」(同)

 続けて原田騎手は、函館2歳S(G3)で11番人気3着に持ってくる。

「その後も美浦所属の騎手ながら栗東に赴き、付きっきりでプリンスリターンの調教を行ないました。それがききょうS(OP)の快勝、初の平地G1出走に繋がったと思いますね」(同)

 そして、朝日杯FS(G1)に出走。遂に原田騎手は念願の平地G1騎乗を果たす。結果も15番人気の5着。この馬はG1でもやれると手応えを感じただろう。

 しかし、迎えた2020年は2戦するも連敗を喫することに……。

JRA NHKマイルカップ「苦労人」原田和真が悲願のG1制覇へ! プリンスリターン連敗中も「自分から動いて一番強い競馬している」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは