NEW

JRA「6億円馬」アドマイヤビルゴが最後の砦!? セレクトセール「最高額落札馬&3億円超え」全馬の“トホホ”な末路……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「6億円馬」アドマイヤビルゴが最後の砦!? セレクトセール「最高額落札馬&3億円超え」全馬のトホホな末路……の画像1

 今週行われる京都新聞杯(G2)は日本ダービーの前哨戦だ。過去にキズナやロジャーバローズがこのレースをステップに日本ダービーを勝利しており、今年もどんな馬が結果を出すか注目が集まる。

 出走メンバーはなかなかの素質馬が揃ったが、際立っているのは2017年のセレクトセールで最高額となる5億8000万円(税込6億2640万円)で取引されたアドマイヤビルゴだ。当時同馬を落札した近藤利一オーナーは故人となってしまったが、日本ダービーを勝利すれば最高の恩返しとなろう。

 しかし「セレクトセールの最高落札馬は走らない」という格言めいたものがあるように、統計的にみると最高額で落札された馬は厳しい成績となっている。そこでセレクトセールが誕生して以降、毎年の最高落札馬、そして3億円以上の高額落札馬の成績を調べてみた。

■セレクトセール開催年ごとの最高落札馬および3億円以上で落札された馬とその成績
 1998 ファデッタの98 
 落札額:1億9000万円(近藤利一)
 馬名:アドマイヤセレクト(中央18戦2勝・地方4戦0勝・2859万円)

 1999 バレークイーンの99
 落札額:1億8000万円(金子真人)
 馬名:ピタゴラス(1戦0勝・0円)

 2000 フランクアーギュメントの2000 
 落札額:3億2000万円(岡田美佐子)
 馬名:カーム(中央3戦0勝・地方27戦14勝・757万円)

 2001 ロッタレースの2001 
 落札額:1億9000万円(John Ferguson Bloodstock)
 馬名:Dubai Sunday(海外で40戦6勝)

 2002 ダンシングキイの2002
 落札額:3億3500万円(島川隆哉)
 馬名:トーセンダンス(1戦0勝・0円)

 2003 セトフローリアンIIの2003
 落札額:3億3000万円 関口房朗
 馬名:フサイチジャンク(16戦4勝・8909万円)

 2004 エアグルーヴの2004
 落札額:4億9000万円(関口房朗)
 馬名:ザサンデーフサイチ(41戦3勝・7196万円)

 2005 マストビーラヴドの2005
 落札額:2億1000万円 ((株)ダノックス)
 馬名:ダノンマスターズ(24戦1勝・1643万円)

 2006 トゥザヴィクトリーの2006
 落札額:6億円(グローブエクワインマネージメント(有))
 馬名:ディナシー(未出走・0円)

 2006 ブルーアヴェニューの2006
 落札額:3億円(ダーレー・ジャパン(株))
 馬名:ブルーアヴェニューの2006(未出走・0円)

 2007 マイケイティーズの2007
 落札額:3億円(近藤利一)
 馬名:アドマイヤハーレ(2戦1勝・690万円)

 2008 ブルーアヴェニューの2007
 落札額:2億4500万円(近藤利一)
 馬名:アドマイヤスコッチ(1戦0勝・0円)

 2009 ウインドインハーヘアの2009
 落札額:1億6500万円(島川隆哉)
 馬名:トーセンロレンス(未出走・0円)

 2010 アコースティクスの2010
 落札額:1億1200万円(島川隆哉)
 馬名:トーセンパワフル(中央11戦1勝・地方37戦1勝・3330万円)

 2011 エアグルーヴの2010
 落札額:3億6000万円(グローブエクワインマネージメント(有))
 馬名:ラストグルーヴ(1戦1勝・600万円)

 2012 アドマイヤキラメキの2011
 落札額:2億5000万円(島川隆哉)
 馬名:トーセンスターダム(中央14戦5勝・海外15戦2勝・1億2975万円 ※海外賞金含まず)

 2012 スカイディーバの2012
 落札額:2億5000万円(里見治)
 馬名:スカイディーバの2012(未出走・0円)

 2013 アゼリの2013         
 落札額:2億4000万円 ((有)デスクバレット)
 馬名:ロイカバード(18戦4勝・8567万円)

 2014 リッスンの2013        
 落札額:2億6000万円(David Redvers)
 馬名:New World Power(海外10戦1勝・賞金不明)

 2015 ジョコンダIIの2014      
 落札額:2億3500万円(里見治)
 馬名:サトノヴィクトリー(13戦2勝・1630万円)

 2016 イルーシヴウェーヴの2016
 落札額:2億8000万円(里見治)
 馬名:サトノソロモン(7戦2勝・3199万円)

 2016 マルペンサの2016
 落札額:2億8000万円(里見治)
 馬名:サトノジェネシス(3戦2勝・1701万円)

 2017 イルーシヴウェーヴの2017
 落札額:5億8000万円(近藤利一)
 馬名:アドマイヤビルゴ(2戦2勝・2628万円)

 2017 ドナブリーニの2017      
 落札額:3億7000万円 ((株)DMM.com)
 馬名:ダブルアンコール(3戦0勝・557万円)

 2018 キングスローズの2017
 落札額:2億5000万円((株)ダノックス)
 馬名:ダノンレガーロ(未出走・0円)
 ※2012年と2016年はトップ2頭とも掲載。
 ※2018年で落札された当歳馬はまだデビューしていないので1歳最高落札馬を掲載

 上記の成績を見てもらえばわかるように、セレクトセールの最高落札馬や3億円を超える落札馬は散々な成績だ。数億円を払って落札した時の関係者の期待は、まさかの結果となっているといっていいだろう。

JRA「6億円馬」アドマイヤビルゴが最後の砦!? セレクトセール「最高額落札馬&3億円超え」全馬の“トホホ”な末路……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!