NEW

JRA 1番人気「13連敗中」新潟大賞典(G3)「穴党必見」の法則、エアウィンザーより注目すべきはあの大穴馬!?

JRA  1番人気「13連敗中」新潟大賞典(G3)「穴党必見」の法則、エアウィンザーより注目すべきはあの大穴馬!?の画像1

 9日から第1回新潟開催がスタートする。待望の今年初開催は残念ながら無観客開催となってしまったが、新潟特有の千直レースなどテレビ越しでも白熱すること必至だろう。日曜には、さっそく今開催で唯一の重賞・新潟大賞典(G3)が開催される。

 過去10年で5番人気以下が6勝を挙げており、1番人気は2006年のオースミグラスワンの勝利を最後に「13連敗中」と荒れるハンデ重賞だ。同日に東京競馬場では荒れるG1・NHKマイルCが行われるが、穴党にとっては新潟大賞典も見逃せないレースだろう。

 実際に過去のレース傾向を探ってみても、ハンデ戦らしく難解なことがよくわかる。

 昨年、1番人気に支持されたロシュフォールはこれまで左回りコースで4戦4勝と抜群の成績だったが、3着に敗れてしまった。対して、勝った7番人気メールドグラースは左回りで3着2回と決してコース相性はいいようには思えなかった。ほかの例を確認しても、コース適性が結果に直結しているとは言い難そうだ。

 また軽ハンデ馬に有利かというと、そうは限らない。過去10年で53キロ以下の斤量で出走した馬は18頭いるが、すべて馬券圏外という結果だったのだ。

 そんな難解なレースを予想するうえで、直近の「ある傾向」に注目してみたい。枠順別の成績を見てみると、ここ3年は「1枠の馬」が好走しているのだ。

 17年 1枠2番 サンデーウィザード 1着(3番人気)
 18年 1枠1番 スズカデヴィアス 1着(5番人気)
 同年 1枠2番 ナスノセイカン 3着(11番人気)
 19年 1枠1番 ミッキースワロー 2着(3番人気)

 なんと1枠の成績は【2,1,1,2】で勝率33%、連対率50%、複勝率66%の驚異的な記録を残している。さらに馬券に絡んだ馬はすべて3番人気以下のため、恐れ入ったものだ。

 そして今年この絶好枠を引き当てたのは、シャイニープリンス(牡10歳、美浦・深山雅史厩舎)とエアウィンザーの2頭。後者は13連敗中の1番人気に支持される可能性もあるため、注目するべきは前者だ。

 10歳という高齢馬であることに加えて、ここ最近は2桁着順が続いており、とても手を出しづらいのが正直なところだろう。だが、枠以外にも後押しとなるデータがある。

 シャイニープリンスはこれまで新潟大賞典に3度出走し、16年が3着、17年が14着、18年が10着という結果だった。4年前ではあるが、一度は好走実績を持っているのだ。

 過去の例を見てみると、13年に5歳で新潟大賞典を勝ったパッションダンスが、8歳になった3年後に10番人気で再び勝利。前年に、4番人気に支持されながら7着に敗れていたことで評価を落としていたのだ。今年、10歳のシャイニープリンスが4年ぶりに激走してもおかしくないだろう。

 またシャイニープリンスはこれまでの新潟大賞典で、56.5キロ、56.5キロ、56キロの斤量を背負い出走してきたが、今年は54キロとハンデの恩恵がありそうだ。

 10歳といえば同世代のティーハーフが今年引退したばかり。それでも地方ではサウンドトゥルーがまだまだがんばっている。シャイニープリンスが新潟大賞典で風穴を空け、10歳馬の存在感を示すことに期待したい。

JRA 1番人気「13連敗中」新潟大賞典(G3)「穴党必見」の法則、エアウィンザーより注目すべきはあの大穴馬!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  6. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  10. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ