NEW

JRAアーモンドアイ、アドマイヤマーズ陣営も大注目!? Uターン帰国・ドバイ組「最初の実戦」はあの馬!

JRAアーモンドアイ、アドマイヤマーズ陣営も大注目!? Uターン帰国「ドバイ組」マスターフェンサーが先陣を切る!の画像1

 猛威を振るう新型コロナウイルスの影響により、競馬にも世界的な被害が出ている。すでに欧米を中心に休止や延期が発表されており、日本でも無観客ながら何とか開催が続いている状況だ。

 特に3月のドバイワールドカップ開催がすべて中止になったことは、日本だけでなく、世界にも大きな衝撃を与えた。

 今年、日本からはG1・6勝馬アーモンドアイや、昨年の香港ヴァーズ(G1)を制したグローリーヴェイズなど、史上最多となる20頭が参戦を予定していた。しかし、現地入りを果たした後に開催中止が決定。戦わずして、帰国を余儀なくされた経緯がある。

 3月29日に帰国した日本馬20頭は、帰国検疫を受け、さらには約3週間の着地検疫を受けることに……海外G1に向けてコンディションを整えたものの、レースに使うことなく帰国するという、陣営は今後に向けて非常に難しい選択を迫られた。

 その結果、アーモンドアイやウインブライトなどは、すでに日本復帰戦を予定しているが、グローリーヴェイズは昨年2着だった天皇賞・春(G1)の出走も難しくなり、ローテーションが白紙に。管理する尾関和人調教師の「天皇賞・春に向かうにしても、現地ではまったく乗っていないし、今後はどうするか……」というコメントは、各陣営の苦悩をアリアリと物語っていた。

 そんな中、一足早く“日本復帰”を果たす馬がいる。10日に東京競馬場で開催されるブリリアントS(OP)に出走するマスターフェンサー(牡4歳、栗東・角田晃一厩舎)だ。

 今年2月に金蹄S(1600万下)を勝ち上がって、オープン入りを果たしたばかりのマスターフェンサー。だが、昨年は米ケンタッキーダービー(G1)から米国G1を3連戦するなど、高い素質と豊富な海外経験を持っている。

 その点が評価され、陣営は春の大目標をドバイワールドカップ(G1)に定めていたが、残念ながらレースは中止。仕切り直しの1戦として、今週のブリリアントSに出走する。『netkeiba.com』の事前オッズでは1番人気に予想されており、メンバー的にも負けられない戦いになりそうだ。

「今年のドバイ組に関しては、気の毒としか言いようがありません。アーモンドアイやグローリーヴェイズ、アドマイヤマーズなど、日本のG1で1番人気になってもおかしくない超有力馬も多いだけに、その後の動向は春競馬そのものに大きな影響を与えそうです。

 そんな中で、今週復帰するマスターフェンサーの動向を気にしている関係者は多いですね。もちろん、各陣営や管理馬のコンディションによって事情は異なりますが、それでも“ドバイショック”の1つの目安にはなるはず。明日は我が身ではありませんが、メンバー的にもマスターフェンサーの善戦を期待している関係者は多いですね」(競馬記者)

 6日に、栗東のCウッドで最終追い切りを行ったマスターフェンサーは6ハロン80.2秒、ラストは12.2秒の好時計。角田調教師は「もうちょっと調整時間が欲しかった」と危惧したものの「動きは悪くない。今のデキで勝ったら先々が楽しみ」と期待を寄せている。前出の記者によると「8分くらい」の仕上がりのようだ。

 ここを勝って賞金を加算できるようなら、ビッグレース出走が視野に入ってくるマスターフェンサー。巻き返しを図りたい「ドバイ組」の先陣を華々しく勝利で飾りたいところだ。

JRAアーモンドアイ、アドマイヤマーズ陣営も大注目!? Uターン帰国・ドバイ組「最初の実戦」はあの馬!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?