NEW

JRA 横山典弘「もっと考えてることを調教師に発信しろ」。自身初の日本ダービー参戦へ昨年「覚醒」津村明秀に大先輩からの金言

JRA 横山典弘「もっと考えていることを調教師に発信しろ」。自身初の日本ダービー参戦へ昨年「覚醒」津村明秀に大先輩からの金言の画像1

 今週9日、日本ダービーのラストトライアル・プリンシパルS(OP)が行なわれるが、津村明秀騎手はビターエンダー(牡3、美浦・相沢郁厩舎)で虎視眈々とダービー優先出走権を狙っている。

 競馬学校時代からその才能を認知されていながら、実はまだ一度も日本ダービー(G1)に出たことがない。それだけに今年こそビターエンダーでダービー切符を手にしたいところに違いない。

 昨年、トライアルのスイートピーS(L)をカレンブーケドールで勝利し、オークス(G1)の切符を手にすることに成功した津村騎手。本番ではラヴズオンリーユーとの叩き合いに敗れ2着と、初のG1制覇こそ逃したが「津村明秀」という名前を大きくアピールすることには成功した。

 しかし、肝心なG1では、求められた結果を残せなかった。カレンブーケドールで挑んだ秋華賞はクロノジェネシスのキレに敗れ2着。そして、ジャパンCでも内々を通る完璧なレースだったが、スワーヴリチャードの前に2着……。

「ジャパンCで敗れた時は悔しくてレース後、ずっとスワーヴリチャードと、その鞍上O.マーフィー騎手を見つめていたそうです。そんなこともあったのか、今年はこれまで主戦場だったローカルよりも、積極的に中央開催に参戦している印象がありますね」(競馬記者)

「もっと自分の考えていることとか、思っていることを調教師に発信して、それをちゃんと結果につなげていけば、お前自身の自信にもつながるから」

『netkeiba.com』にて藤岡佑介騎手との対談に挑んだ津村騎手は近頃、先輩の横山典弘騎手からこういったアドバイスをもらったという。今の原動力は「家族」だ。特に7歳のお子さんの為に「G1を勝つ姿を見せたい」と父親の顔を覗かせている。

 今週、プリンシパルSでビターエンダーと共に日本ダービーの出走権を獲れば、念願のダービー初出走、そして悲願のG1初制覇の可能性も生まれる。騎手の誰もが憧れるダービージョッキーへ、ここは落としたくない一戦になりそうだ。

JRA 横山典弘「もっと考えてることを調教師に発信しろ」。自身初の日本ダービー参戦へ昨年「覚醒」津村明秀に大先輩からの金言のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!