NEW

元JRA安藤勝己「不思議なレース」を武豊が“真相”証言! 天皇賞・春(G1)「失速」キセキにあった暴走……そして「もう1つ」のアクシデント

【この記事のキーワード】

, ,

元JRA安藤勝己「不思議なレース」を武豊が真相証言! 天皇賞・春(G1)「失速」キセキにあった暴走……そして「もう1つ」のアクシデントの画像1

 先週の天皇賞・春(G1)で3番人気に支持されながらも、6着に敗れた2017年の菊花賞馬キセキ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)。その「敗因」が話題になっている。

「平成の盾男」武豊騎手を鞍上に迎えたキセキは、課題となっていたスタートを決めると好位につける絶好の展開。しかし、1周目のスタンド前の直線で突如先頭に立つと、後続を離して逃げる形に。先頭のまま最後の直線を迎えたが、そこから失速し6着に敗れた。

 レース後、武豊騎手は「スタートは上手くいきましたが、1周目の直線でスイッチが入ってしまいました。あそこで我慢出来なかったのが勿体なかったです」と敗因を分析。「自分との戦いですね。2、3番手で行ければ良かったのですが……」と、気性面を課題に挙げていた。

 しかし、この結果に疑問を呈したのが、元JRA騎手のアンカツこと安藤勝己氏だ。

 安藤氏はレース後、自身の公式Twitterで「オレとすれば不思議な天皇賞春やった」と率直な感想を述べている。特にキセキが逃げた際は「やられたなと思った」とのこと。しかし、「最後の直線入るとアレって止まり方」と、ゴール前の失速ぶりに疑問を提示していた。

 あれから約1週間、9日付の『スポニチ』で連載されている『サタデー物語』で、安藤氏の疑問の“真相”を武豊騎手が語っている。

元JRA安藤勝己「不思議なレース」を武豊が“真相”証言! 天皇賞・春(G1)「失速」キセキにあった暴走……そして「もう1つ」のアクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!