NEW

JRA武豊「日本ダービー」正念場!? 「6億円」アドマイヤビルゴら候補総崩れ……最終兵器は明日の「アノ馬」か

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「日本ダービー」正念場!? 「6億円」アドマイヤビルゴら候補総崩れ……最終兵器は明日の「アノ馬」かの画像1

 レジェンド・武豊騎手の日本ダービー(G1)に“暗雲”が立ち込めつつある。

 9日、新型コロナウイルスの影響で実施された騎手の移動制限により、鞍上に藤岡康太騎手を迎えた話題の「6億円馬」アドマイヤビルゴだったが、単勝1.4倍に推された京都新聞杯(G2)を4着に敗れた。

 主戦の武豊騎手も「ルール」に従い、騎乗が出来ないことを悔しがったほどの素質馬だったが賞金を加算できず、目標のダービー出走が危うい状況となってしまった。

 これには元JRA騎手の安藤勝己氏も自身のTwitterで「ペースが速かったとはいえ、アドマイヤビルゴは前走思えば、あそこからぶっち切っていい運び。期待が高い故に、初戦から仕上げすぎたのかな。こうなったら秋に向けて立て直したほうがいい」と、秋からの巻き返しを期待するコメントを残した。

 騎乗していた藤岡康騎手は、レース後のコメントで「スタートは上手に出てくれた。最初のコーナーまで少し力んでいたが、そのあとは折り合ってくれた。4コーナーも反応したが、もう1段ギアが上がらなかったですね」と振り返り、管理する友道康夫調教師も「現状の力は出してくれた」と馬を庇った。

 しかし、次走については「今後については未定です」と、ダービー出走が危うくなったことを認めている。

 そこで気になるのは日本ダービーにおける武豊騎手の騎乗馬だ。

JRA武豊「日本ダービー」正念場!? 「6億円」アドマイヤビルゴら候補総崩れ……最終兵器は明日の「アノ馬」かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!