NEW

JRA【京王杯SC(G2)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュらG1馬4頭が激突!「フライング負傷」のレッドアンシェルも復帰

JRA【京王杯SC(G2)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュらG1馬4頭が激突!「フライング負傷」のレッドアンシェルも復帰の画像1

 16日、土曜東京メインは京王杯SC(G2)が行われる。安田記念(G1)の重要なステップとなるレースだけに注目だ。

 タワーオブロンドン(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は、1番人気に支持された前走の高松宮記念(G1)を12着に敗れた。レース後に福永祐一騎手が雨で渋った馬場にノメって力を発揮できなかったとコメントしたように力負けではない。

 また、昨秋のスプリンターズS(G1)を勝ったとはいえ、距離的には1200mよりは1400mの方が追走も楽なだけにコース替りは歓迎だ。鞍上も乗り慣れたC.ルメール騎手に戻るなら昨年に続いての連覇も濃厚か。

JRA【京王杯SC(G2)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュらG1馬4頭が激突!「フライング負傷」のレッドアンシェルも復帰の画像2

 ダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)も前走の高松宮記念で10着と崩れたが、ゲートで躓いて流れに乗れなかった影響も大きい。稍重まではこなしても重馬場も向かなかった。

 今回は川田将雅騎手からD.レーン騎手に乗り替わることも魅力だ。新たなコンビで新味が出る可能性に期待が持てそうだ。

 レッドアンシェル(牡6、栗東・庄野靖志厩舎)は、昨年のCBC賞(G3)で重賞初制覇を遂げた。勢いそのまま軌道に乗りたかったシルクロードS(G3)でゲートを飛び出て外傷を負ってしまったのは誤算だった。精神面のダメージの心配はあるが、福永騎手に戻るのは心強い。

 グルーヴィット(牡4、栗東・松永幹夫厩舎)は高松宮記念では13番人気の低評価ながらも見せ場十分の6着と健闘した。出遅れが響いて後方からの競馬となったのが痛恨だったが、今回もスタート五分なら勝ち負けの期待も持てそうだ。

 ステルヴィオ(牡5、美浦・木村哲也厩舎)は、丸山元気騎手から川田騎手への乗り替わり。近走は精彩を欠くが、マイルCS(G1)勝ちの実力はまだまだ侮れない。

 他にも18年のNHKマイルCを勝ったケイアイノーテック、17年の高松宮記念を勝っているセイウンコウセイ、武豊騎手が乗るライラックカラーなども穴で面白そうだ。

 G1馬が4頭揃った京王杯SCは16日、15時45分の発走を予定している。

JRA【京王杯SC(G2)展望】タワーオブロンドンVSダノンスマッシュらG1馬4頭が激突!「フライング負傷」のレッドアンシェルも復帰のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!