NEW

JRA横山武史「トリプル斜行」で騎乗停止……NHKマイルC(G1)「強烈タックル」で上がり最速も、失ってしまった平常心?

【この記事のキーワード】, , ,

「正直、騎乗停止期間が延長されなくてよかったというのが率直な気持ちです。というのも、横山武騎手は9Rでも内側へ斜行したことにより、後ろにいた津村明秀騎手の落馬事故を招いています。この時点で横山武騎手は9日間の騎乗停止処分。オークス(G1)や日本ダービー(G1)に騎乗することはできなくなりました。

NHKマイルCの2つの斜行は、そんな中での出来事。当然、JRAの裁決委への心象は相当悪いでしょうし、場合によっては騎乗停止の“おかわり”があってもおかしくなかったと思います」(競馬記者)

 横山武騎手にとって今回のG1騎乗は、昨年の日本ダービー(G1)以来となるキャリア2度目の晴れ舞台だった。それも今回は自身が尊敬してやまない父・横山典騎手とのG1初対決。21歳の若武者に、平常心を保つというのも難しい話だったのかもしれない。

「まさに『好事魔多し』という他ないですね……。G1初参戦となった昨年の日本ダービーは、直前に横山典騎手が騎乗停止になったために、いわば“譲って”もらったもの。しかし、今回のウイングレイテストはトライアルで優先出走権を獲得するなど、自分の力でもぎ取ったG1騎乗でした。

さらに横山武騎手は現在28勝を上げて、関東リーディングトップに躍り出るなど絶好調。満を持してのG1挑戦だっただけに、意気込みは相当だったと思いますよ」(別の記者)

 しかし、そんな気持ちが空回りしてしまったのか、この日の横山武騎手はG1の壁に跳ね返されただけでなく、2週間の騎乗停止処分という厳しい結果に……。

 特にオークスで騎乗予定だったウインマリリンは、フローラS(G2)で自らの重賞初勝利を飾り、優先出走権を獲得していた相棒だっただけに、まさに痛恨の騎乗停止と述べざるを得ない。

 デビュー前から、父・横山典騎手から「アイツはすごい騎手になる」とベタ褒めされていた横山武騎手。ここまで順調にトップジョッキーへの階段を上ってきた”エリート”にとって、この日の結果は手痛い試練になってしまった。

JRA横山武史「トリプル斜行」で騎乗停止……NHKマイルC(G1)「強烈タックル」で上がり最速も、失ってしまった平常心?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合