NEW

JRA「思ってたのと違う」初勝利から13年ついにG1制覇! 「マタアイマショウ」で有名なあのミュージシャンが“一口”馬主で大偉業! キタサンブラック、コイウタに続け!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「思ってたのと違う」初勝利から13年ついにG1制覇! 「マタアイマショウ」で有名なあのミュージシャンが一口馬主で大偉業! キタサンブラック、コイウタに続け!の画像1

 10日、東京競馬場で3歳マイル王決定戦・NHKマイルC(G1)が行われ、9番人気の伏兵ラウダシオン(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が優勝した。オーナーのシルクレーシング、生産者の社台コーポレーション白老ファームともにうれしい初勝利となった。

 オーナー、生産者ともに待望のNHKマイルC初制覇となったが、それ以上に喜んでいる著名人がいる。それはヒップホップシンガーとして「マタアイマショウ」や「ルパン・ザ・ファイヤー」などのヒット曲で知られるSEAMOだ。

 なんとNHKマイルCに一口馬主として出資しているラウダシオン、ギルデッドミラー、ルフトシュトローム、ウイングレイテストの4頭が出走していたのだ。結果は1着、3着、5着、7着で、G1勝利に加えて3頭が入賞するという大健闘だった。

 レース前、SEAMOは「僕自身もNHK紅白歌合戦に出場させてもらった経験もあり、NHKマイルCに自分の競走馬が出走することに縁を感じる。優勝したら生配信番組内で『MOTHER』を歌いたい」と『ORICON NEWS』で話しており、レース当日が「母の日」であることとかけて、自身のヒット曲の歌唱を出資馬優勝の公約としていた。

 当日はレースを観戦する様子を生配信。本人はルフトシュトロームを本命に推しているとレース前に語っていた。そのため、いざレースが始まるとルフトシュトロームの動向を気にしていたが、直線でラウダシオンが先頭に立つと「ラウダシオン!思ってたのと違うけど!」と大盛り上がり。勝利後は喜びを大爆発させた。

 その後レースの熱気冷めやらぬ中、公約通りウイニングライブを配信したSEAMO。「デムーロありがとう」と曲の途中に挟むなど、見ている方も喜ばしくなるライブだった。

 実はSEAMO、一口馬主歴はかなり長い。2011年に『JBIS Search』のインタビューで馬主という側面でインタビューに答えている。初めて出資した馬は未出走のまま調教中に他界してしまったこと、初勝利まではかなり時間がかかり2007年のウインプレミアだったと明かしている。

 初勝利から13年、ついに待望の初G1となったのだ。これまでにウインガニオン、タッチングスピーチと重賞ウィナーに出資しているが、G1となると喜びもひとしおだろう。

 同じくミュージシャンの所有馬といえば、北島三郎のキタサンブラックの活躍が記憶に新しい。ほかにも今週開催されるヴィクトリアマイル(G1)を2007年に制したコイウタも有名だ。同馬は前川清の所有馬で、自身のヒット曲から命名されたのが名前の由来である。

 今回、一口馬主として初のG1勝利を飾ったSEAMOも上記のインタビューで、個人馬主になりコイウタのように期待馬に「マタアイマショウ」と命名したいと夢を語っている。

 いつかマタアイマショウが競馬界を盛り上げる日を楽しみにしたいものだ。

JRA「思ってたのと違う」初勝利から13年ついにG1制覇! 「マタアイマショウ」で有名なあのミュージシャンが“一口”馬主で大偉業! キタサンブラック、コイウタに続け!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!