NEW

JRAサトノインプレッサ×坂井瑠星で日本ダービー参戦へ! 「不完全燃焼」NHKマイルCのリベンジなるか

【この記事のキーワード】

, ,

JRAサトノインプレッサ×坂井瑠星で日本ダービー参戦へ! 「不完全燃焼」NHKマイルCのリベンジなるかの画像1

 10日に開催された3歳マイル王決定戦・NHKマイルC(G1)は9番人気の伏兵・ラウダシオンの優勝という波乱の結果になった。戦前、「4強」と目されていたが、1番人気レシステンシアは2着、2番人気タイセイビジョンは4着、4番人気ルフトシュトロームは5着。3頭は優勝こそ逃したが、掲示板はなんとか確保する格好となった。

 その一方、4強の一角で3番人気に支持されたサトノインプレッサ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)は見せ場なく13着に敗れてしまった。

 NHKマイルCは逃げるレシステンシアを前に見る形でレースを進めたラウダシオンが勝利。結局、逃げた馬と2番手につけた馬が1、2着という結果だった。さらに3着ギルデッドミラー、4着タイセイビジョンも6番手以内の位置取りだったことを考えると、圧倒的に先行馬有利だったことがわかるだろう。また上位馬には内にこだわってレースしたという共通点もある。

 その中で後方からレースを進め、4コーナーで大外を回したサトノインプレッサは「不完全燃焼」の13着に終わってしまった。

 まさかの惨敗となったサトノインプレッサだが、次走は日本ダービー(G1)へ向かうことが明らかになった。13日、『サンスポ』の取材に答えた矢作調教師が明らかにしている。

 詳細は本記事をご覧いただきたいが、前走の敗因として馬場、枠を挙げており力負けでないと話している。レース後のダメージもそれほど残ってないことから参戦決定となったようだ。鞍上は矢作厩舎所属の坂井瑠星騎手となる。

 過去にNHKマイルCで敗れた後に、日本ダービーを勝ったのはタニノギムレットただ1頭。サトノインプレッサにとってはかなり厳しい戦いが予想される。

 また坂井騎手は10度G1競走に騎乗しているが、昨年の菊花賞(G1)のメロディーレーンで5着がこれまでの最高着順。2017年11月から約1年間オーストラリアで武者修行を積み、昨年は重賞3勝の活躍を見せた新進気鋭の若手騎手といえども、いきなりの日本ダービー制覇は至難の業だろう。初の日本ダービー騎乗という経験だけでも、十分に価値があるかもしれない。

 しかし、昨年の日本ダービーの例があるため、見限るのは早いかもしれない。優勝したのは12番人気のロジャーバローズ。管理する角居厩舎は1番人気サートゥルナーリアとロジャーバローズの2頭出しで挑んだところ、人気薄が勝利する結果となったのだ。

 今年の日本ダービーはサトノインプレッサと同じ矢作厩舎所属のコントレイルが、1番人気に支持されることが予想される。昨年同様に2頭出しの人気薄によるダービー制覇ということが起こるかもしれない。

 デビューから3戦連続で上がり3ハロン最速の末脚を繰り出してきたサトノインプレッサ。その能力を日本ダービーという大舞台で、坂井騎手が存分に引き出す騎乗に期待したい。

JRAサトノインプレッサ×坂井瑠星で日本ダービー参戦へ! 「不完全燃焼」NHKマイルCのリベンジなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!