NEW

JRA武豊、宝塚記念(G1)は世界の名門厩舎とタッグか!? 海外の「超大物」がグランプリ予備登録も、ゴドルフィンの二の舞を危惧……

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA武豊、宝塚記念(G1)は世界の名門厩舎とタッグか!? 海外の「超大物」がグランプリ予備登録も、ゴドルフィンの二の舞を危惧……の画像1

 新型コロナウイルスの影響で中断していたフランス競馬が、11日から無観客で開催再開となった。同じく欧州の主要国であるイギリスは6月初旬、アイルランドは6月29日の再開で調整されている。フランス競馬を皮切りに海外競馬も徐々に活気を取り戻していくのではないだろうか。

 日本では幸いにも、無観客で競馬開催が継続されていたが、欧州は軒並み中止となってしまっていただけに、競馬再開の知らせは嬉しい限りだ。

 そんな中、世界のA.オブライエン厩舎の有力馬が日本のレースに出走するかもしれないという驚きのニュースが入ってきた。

 14日、JRAはブルーム、ジャパン(牡4歳、愛・A.オブライエン厩舎)の2頭が、6月28日に行われる宝塚記念(G1)に予備登録があったことを発表した。

 昨年のインターナショナルS(G1)で、当時レーティング世界トップだったクリスタルオーシャンを撃破したジャパン。凱旋門賞(G1)でも4着に入るなど、欧州競馬の中でもトップーホースとして数えられる1頭である。

 また今年に入って日本の馬主であるキーファーズがクールモアグループとジャパンを共同所有することが発表された。武豊騎手を懇意にしていることで知られるキーファーズ代表の松島正昭オーナーが、武豊騎手と凱旋門賞挑戦するために購入に踏み切ったのだ。

 同じく予備登録されたブルームも、キーファーズが所有権の一部を購入しており、昨年の凱旋門賞は武豊騎手との参戦予定だったが、体調が整わず回避となってしまった馬だ。

 昨年のジャパンC(G1)は残念ながら、初めて外国馬0頭で行われた。国際招待競走ながら外国馬出走なしは寂しい内容ではあったが、もし宝塚記念にA.オブライエン厩舎の2頭が参戦するとなれば、それも帳消しになるぐらいの盛り上がりとなるだろう。

JRA武豊、宝塚記念(G1)は世界の名門厩舎とタッグか!? 海外の「超大物」がグランプリ予備登録も、ゴドルフィンの二の舞を危惧……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事