NEW

パチンコ業界の「裏側」⁉ 話題のチャンネルが「気になる〇〇」を初公開!!

【この記事のキーワード】

, ,


 パチンコ・パチスロメーカーは新台の開発に試行錯誤を続けている。その結果として生み出される名機が、パチンコ業界を盛り上げてきた。

 そんなパチンコ台を制作するにあたり、実は想像を絶するような数多くの手順が存在する。開発期間は約1年〜 2年と言われており、ホールを彩るパチンコ機の1台1台にドラマがあるのだ。

 制作は企画の立案から始まる。どのようなコンセプトで、どのようなセールスポイントを持ち、どういったユーザーをターゲットに制作するかを企画書に書き起こす。

 大まかな演出やスペックの設計などが決まれば、企画会議でプレゼンテーションを行う。これが承認を受ければ、初めて物理的な制作に取り掛かることができるのだ。

 以降は役物や台枠などの部品をデザイン・ 設計し、機械で加工していく。特に役物駆動などは、僅かなミスで可動が台無しになる可能性があり、注意が必要である。

 タイアップ機であれば、演出の使用について版権元との調整も必要だ。

 撮り下ろしのリーチ演出など、絵コンテなどを使用し、イメージを伝達していくが、版権元の許可が降りずに「お蔵入り」となる可能性も存在する。

 パチンコ機は完成すれば即リリースというわけにはいかない。

 保安通信協会(保通協)の「型式試験」に適合しなければ、世に出すことが出来ない。現在の適合率は30%を下回ることが多く、最大の難関ともいえるだろう。

 その後、さらに各都道府県の公安委員会からの検定を通過しなければならない。これらを全てクリアすることで、初めて「リリース」となるのだ。

パチンコ業界の「裏側」⁉ 話題のチャンネルが「気になる〇〇」を初公開!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事