NEW

JRAアーモンドアイを脅かす「超高速馬場の申し子」が急浮上!? ヴィクトリアマイル「穴男」田辺裕信と「第2のラウダシオン」で今年も大波乱?

JRAアーモンドアイを脅かす「超高速馬場の申し子」が急浮上!? ヴィクトリアマイル「穴男」田辺裕信と「第2のラウダシオン」で今年も大波乱?の画像1
セラピア JBISサーチより

 17日に東京競馬場で開催されるヴィクトリアマイル(G1)は、G1史上最高配当を記録した2011年の三連単2070万5810円を始め、とにかく荒れるG1として有名だ。

 今年は、圧倒的実績を誇るアーモンドアイが参戦することで話題を集めている。だが、逆に穴党からすれば“万が一”があったとき、それだけで配当は跳ね上がるチャンスでもあるのだ。

 その上でまず参考にしたのが、“期待通り”の4年連続10万馬券超えとなった先週のNHKマイルC(G1)だろう。同じ東京マイル戦で波乱の主役となったのは、9番人気のラウダシオンだ。

 レースを迎えるまで6戦3勝2着1回3着1回と、G1の大舞台でも堂々たる成績を誇っていたラウダシオン。ただ、この馬が9番人気に甘んじたのは「1600mが長い」と思われていたからだ。実際に、唯一マイルを走った朝日杯フューチュリティS(G1)で8着に惨敗しているのだから、そう思われたのも仕方がない。

 しかし、レースでは好スタートから2番手をキープすると、最後の直線で逃げ粘る2歳女王レシステンシアを競り落としてのG1初制覇。スタミナよりもスピードが活きる東京の「超高速馬場」で、世代トップクラスのスピードを存分に見せつけた。

 そして迎えた今週、ヴィクトリアマイル出走馬に「第2のラウダシオン」になれる逸材がいるという。

JRAアーモンドアイを脅かす「超高速馬場の申し子」が急浮上!? ヴィクトリアマイル「穴男」田辺裕信と「第2のラウダシオン」で今年も大波乱?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!