NEW

パチンコ新台『北斗の拳』シリーズ新情報が浮上。「自粛」終了後のホールは「無双」状態に!?

パチンコ新台『北斗の拳』シリーズ新情報が浮上。「自粛」終了後のホールは「無双」状態に!?の画像1


 14日、緊急事態宣言が39県で解除。これら地域のパチンコ店を含む施設は、感染拡大防止の徹底を条件に営業再開が許可される可能性がある。

 引き続き制限が続く地域もあり、「日常が戻った」というわけではないが少しでも好転したと言えるだろう。パチンコ業界関係者、ユーザーからも喜びの声が上がっている。すべてのホールが営業再開される瞬間の訪れに、期待は高まっている状況だ。

 同時に関心が強くなっているのは、導入予定となっている新台たちに対する情報。その中でも注目が高いのは、時代の流れに対応し両分野でヒット作を生み出し続けてきた『北斗の拳』シリーズだろう。

 現行ホールの覇者『ぱちんこCR真・北斗無双』(サミー)の遺伝子を受け継いだ、パチスロ新機種がスタンバイしている。

 2016年のデビューより高い人気を維持する『初代・北斗無双』は、大当り確率約1/319で継続率80%のV確STタイプ。電チュー消化時の50%が2400発を獲得できる強力な一撃性を実現した。

 出玉性能だけではなく、従来の北斗シリーズとの差別化を図った仕上がりも高い評価を得ることに成功。記録的なロングヒットを果たしたことも納得だ。

 そんな初代『北斗無双』を強く意識した新機種『パチスロ真・北斗無双』は、純増約8枚のATタイプで登場。AT「夢幻闘舞」中は「乱撃CHANCE」「七星BATTLE」で構成されている。これらをループさせることで継続させていくゲーム性だ。

 現行ホールの覇者『初代・北斗無双』の遺伝子を受け継いだ本機。他の『北斗の拳』シリーズとは、異なる魅力を提供してくれそうな気配だ。パチスロ分野でも、快進撃を見せられるかに注目したいが…。

 熱視線を浴びる『北斗無双』に新たな動きが!? 早くも最新作がスタンバイしているとの情報が浮上した。仕上がりに対しても「興味深い内容」が囁かれている。

パチンコ新台『北斗の拳』シリーズ新情報が浮上。「自粛」終了後のホールは「無双」状態に!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!